近いようで遠い?スバルのレヴォーグとインプレッサを比べてみました。

素の魅力があるインプレッサ

スバル インプレッサスポーツ

現在、インプレッサと名乗るモデルは、スポーツワゴンの系譜を引き継ぐインプレッサ スポーツと、セダンのインプレッサ G4。これまでフラッグシップであったスポーツモデルのWRXと、RVテイストのXVは、それぞれ独立したモデルとなっています。

それにともないインプレッサのエンジンは、1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒エンジンになりました。

最新インプレッサのスペックをチェックしてみましょう。

■インプレッサ G4/スポーツ 2WD仕様

・1.6L
最高出力:85kW(115ps)/6,200rpm
最大トルク:148Nm(15.1kgm)/3,600rpm
JC08モード燃費:18.2km/L

・2.0L
最高出力:113kW(154ps)/6,000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4,000rpm
JC08モード燃費:17.0km/L

価格
・1.6L…1,922,400円(AWD:2,138,400円)
・2.0L…2,160,000-2,376,000円(AWD:2,376,000-2,592,000円)

いずれも自然吸気エンジンのみのラインナップですが、駆動方式は、FFの2WDとAWDを選ぶことができます。

また、2016年のモデルチェンジンによって、スバルグローバルプラットフォーム」を採用した最初のモデルとなったことはトピックです。

F1でもシャーシ性能が重要視されるように、クルマにとってプラットフォームは非常に重要なものです。この「スバルグローバルプラットフォーム」は、ステアリング操作に対する迅速かつ正確な反応により修正舵を減らすことに成功、また路面状況を問わず良好な乗り心地、振動や騒音が少ないというメリットがもたらされています。

それによりインプレッサは、素の能力が非常に高い、優良なモデルとなっています。

対して、レヴォーグはどのようなモデルでしょうか?


次ページスポーツテイストの強い質実剛健な魅力のレヴォーグ

この記事をシェアする

最新記事