フォードは今後日本に戻ってくるのか?

魅力的なモデルこそがメーカーを救う

テスラ

日本車はアメリカでも人気モデルが多く、それこそトランプ大統領が目の敵にしたくなるほどです。フォード撤退も不愉快な事実だったことでしょうね。

とはいえ、アメリカのユーザーがプリウスを買うときに”日本車だから”という理由で選ぶかといえば、そうとも限りません。

プリウスのユーザーは、環境性能に優れた車が欲しいわけで、結果としてそれが日本のプリウスだった、ということになるのではないでしょうか。ユーザーのマインドはそういったものだと思うのです。

事実、日本ではテスラに憧れを持つ方も増えています。

テスラモーターズはまぎれもなくアメリカのメーカーであり、テスラ モデルSはアメ車なのです。しかしテスラを欲しい人は、どの国のメーカーなのか、というのは気にしないのではないでしょうか。

これはテスラが、多くの人を惹き付けるイノベーションを起こした存在、ということがいえます。

こうした点から考えるに、フォードは非常に惜しかった、といえます。エコブーストという素晴らしい動力・環境性能を持ったパワーユニットを持っていたのですから、これを搭載した魅力的なモデル…一部のマニアだけではなくライトなユーザーに訴求するほどのモデルさえあれば、日本マーケットに居場所をしっかりつくれたのでは?と思えてなりません。

何をもって魅力的とするか、というのは人の主観であり感性に依るところが大きいため、非常に難しいものなのですが、いつの日かフォードが大ヒットモデルを携えて日本に戻ってくる可能性は充分にあるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives