アメ車はなぜ日本で人気を失ったのか?

アメリカ車が不人気の理由とは

トランプ大統領が日本に「もっとアメリカ車を輸入しろ!」と、息巻いていますが、なぜアメリカ車が支持されないのか?日本で人気がないのか?をまったくわかっていませんね。

一般的に考えられている、日本でアメリカ車が売れない理由は以下のようなことが挙げられるかと思います。

1、サイズが日本の道路に合っていない
2、ディーラーが少なく、メンテナンスが心配(アメリカ車は壊れやすいという先入観もあり)
3、アメリカ車は燃費が悪い
4、値段が高い
5、左ハンドル車しかなさそう
6、なんとなく悪るそうなイメージ
7、日本車が優秀すぎて、アメリカ車を買う理由がない 

過去、上記の不人気理由の1〜3に対応したというアメリカ車が、日本で販売されたことがありました。覚えている人も多いと思いますが、クライスラー ネオンという車です。

コンパクトなボディに、価格も初代は130万円~と日本のコンパクトカーと変わらないもので、2代目には右ハンドル車も設定されました。

しかし…ほとんど売れませんでした。あまりにもチープな作りでしたし、スタイル、走行性能、収納、使い勝手、運転のしやすさなど日本のコンパクトカーと比べて勝っている点が一つもなかったのです。

価格さえ安ければ売れる、右ハンドルがあれば売れる、サイズが小さければ売れる…というものでもないようです。

次ページ日本で人気があったアメリカ車から学べること

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives