パトカー仕様はどこまで許されるのか?ドラマや映画の劇中車はどうしてる?

映画やドラマなどの「劇中車」のパトカーはどうしているのか?

刑事ドラマなどをはじめとする、フィクションの世界でパトカーが登場することがあります。

レプリカといえ、こちらは作品を演出する道具として、本物に近づけなければなりません。 撮影は工場内の敷地などの私有地で行うとしても、車両をロケ地まで移動するために公道を走ることもあります。そういう場合は、道路使用許可を申請してみたり、赤色警光灯などを何かしらのカバーで覆ってしまうことで対応しているようです。

パトカーのレプリカ製作は、あくまでも大人の判断で

パトカー仕様(つまりレプリカ)を造る以上、限りなく本物に近づけたくなるのが正直な気持ちでしょう。

しかし、事件や事故など一刻を争うような状況で、多くの人が誤認する車両が走っていたとしたら…。それは迷惑以外の何ものでもなく、あってはならないことです。 あくまで趣味の範疇であることを認識のうえで、パトカー仕様を楽しむ必要がありそうですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives