パトカー仕様はどこまで許されるのか?ドラマや映画の劇中車はどうしてる?

パトカーは「緊急自動車」の扱いになる

パトカー クラウン

緊急自動車の定義は、道路交通法第39条第1項括弧書きに「政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう」と規定されています。

緊急自動車は、
1.公共、公益的な機関の自動車
2.公安委員会の指定等の済んでいるもの
3.それぞれの緊急用務を遂行する目的
4.サイレンを鳴らし、かつ、赤色警光灯をつけて
5.運転中

この5つの要件を満たしてはじめて法上の緊急自動車となり、法令上の各種の優先や特例を受けることとなります。

1の緊急自動車を所有することが出来る者は、道路交通法施行令第13条で限定されています。
2は、公安委員会から緊急自動車としての指定証を受けた車両に限られます。
3,4.5については、その車両の活動中の状態です。

パトカーは緊急自動車として、道交法に基づいた仕様であることが分かりますね。

次ページ緊急自動車を示す意味でも、警光灯およびサイレンは必需品

この記事をシェアする

最新記事