スカイラインを名乗れなかったGT-R…世界に1台しか存在しないモデル「GT-R LM」とは?

日産スカイラインGT-R BCN R33型がベース

R33 Skyline GT-R

※写真はGT-R BCN R33型です。

GT-R LMは、1995年、日産がR33型スカイラインGT-Rでル・マン24時間耐久レース参戦のために製作されたロードゴーイングマシンです。

当時、ル・マン24時間耐久レースのGT1クラスにエントリーするためには公道を走行できる市販車を1台以上生産し、ナンバー登録することが規定に盛り込まれていました。

そこでホモロゲーション取得用として、GT-R LMが製造されました。もちろん、制作された市販車は1台のみ。幻のR33 GT-Rとしてマニアには有名です。

ちなみに、GT-R LMは座間営業所内の日産ヘリテージコレションに保存されています。

どんな改造が施されている?

エンジンは、RB26DETTがベースで、総排気量2,568cc。最高出力305ps/6800 rpm、最大トルク38.0kgm/4500rpm、駆動はFRに改造し、サスペンションはマルチリンク方式から前後ともダブルウィッシュボーン方式に変更。トレッドを前1,550mm、後1,580mmに拡大しています。

ボディサイズは、全長4,675mm×全幅1,880mm×全高1,300mm。ル・マン出場用のフルエアロボディで、ボディカラーは半光沢シルバー(カラーコード不明)。テールライトなど灯火類は、見た目こそR33 GT-Rですが、イギリス国内の法規定に準拠したものを採用しています。

次ページスカイラインを名乗れないGT-R!?

この記事をシェアする

最新記事