16年間放置されたRX-7…搭載されたロータリーエンジンは果たして息を吹き返すのか?

16年間眠っていたRX-7…

初代サバンナ RX-7

ベルギーの老人が所有していたという84年式SA型サバンナRX-7を引き取った方の動画がアップされています。

なんとこの方は、1年掛かりで交渉し、50ユーロ(6,000円程度)で譲り受けたのだそうです。このRX-7のエンジンを最後に動かしたのは、1990年なのだとか。動画は2006年なので、16年間放置していたということになりますね。

長年、庭で放置していたというだけあって、ボディの腐食も激しく穴も空いている箇所が確認できます。とはいえ、走行距離は3万km程度!屋内保管であれば、相当な価値があったのに…というところ。

それはさておき、購入者はこのクルマを持ち帰らなければなりません。彼のとった行動はなんとも無謀!?なものでした。

それでは動画を見てみましょう!

次ページ【動画】16年ぶりに息を吹き返す!?ロータリーエンジン…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事