アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年マイナーチェンジを敢行した三菱RVR

無題

三菱 RVRは、1991年にデビューしたクロスオーバーモデルです。

ランサーエボリューションと同じ4G63ターボエンジンを搭載したスポーツテイストの強いモデルでもあり、三菱としてもファミリーからアクティブな若年層にも訴求する意欲作、といった位置づけでした。

現行モデルは2010年にデビュー。アウトランダーよりひと回り小さいSUVモデルとして展開していましたが、一連の不祥事により販売を停止する事態にもなりました。

しかし2017年2月。アウトランダー等に採用している三菱のデザインコンセプトであるダイナミックシールドを採用。イメージを刷新するビッグマイナーチェンジを行い、再出発としています。

マイナーチェンジとなったRVRのエクステリアは、まさにアウトランダーの姉妹車といえる精悍な顔つきとなりました。アウトランダーPHEVがそうであったように、このフロントマスクだけでクルマの印象は大きく変わります。

これまでは地味なエクステリアもあいまって、ホンダ ヴェゼルを始めとした新しいコンパクトSUVの影に隠れてしまいがちだったRVRですが、今回のマイナーチェンジでその存在感、そして競争力を示してほしいところですね。

次ページジュネーブに現れるのは新型RVRなのか!?

この記事をシェアする

最新記事