なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

フロアシフト

フロアシフト

フロア=床近辺に設置されている、いわゆる一般的なシフトレバーです。ストレート式とゲート式が主流で、ジャガーやランドローバーの一部のモデルには、ダイヤル式も採用されています。

コラムシフト

コラムシフト

コラムシフトは、ステアリングポストにシフトノブが設置されています。フロアシフトよりステアリングに近いため、操作は容易なのですが、マニュアルの場合は、ダイレクト感にとぼしく、さらにシフトミスもしやすいというデメリットもありました。

コラムシフトにすることで、前席のベンチシフト化も可能になるなど、前席の足元スペースが広く使えるメリットがあります。運転席、助手席両方から乗降しやすくなりますしね。

インパネシフト

インパネシフト

フロアシフトとコラムシフトの、良いとこ取りがこちらのインパネシフトです。シフトレバーがステアリングに近いところにあるので操作もしやすく、またコラムシフトに比べシフトのポジションがわかりやすいのです。こちらもコラムシフト同様、足元が広く、左右シートの行き来が簡単です。

日本では1997年登場の三菱シャリオグランディスでの採用が1990年代以降の日本車としては初。以降、2000年に入ってから多くの車種で採用されています。

また、最近トヨタ車のハイブリッド専用車においては、インパネに大変小さなATレバーを設置するようになっています。

パドルシフト

レクサス LFA

スポーツタイプの車に多く採用されています。ステアリング裏側(左右)に設置されたパドルレバーを操作してシフトチェンジを行います。

一般的にパドルシフトは、一般的なシフトレバーと併用されますが、レクサスLFAのようにパドルシフトだけが装備された車種もあります。

次ページ最近多い?ボタン式、ダイヤル式シフト

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事