デリカD:5を買うなら2WDと4WDどっち?

2WDと4WDでは、設定されるエンジンが違う?

デリカ D:5

ほかにも、2WDと4WDでは設定されるエンジンも異なってきます。人気の2.2Lクリーンディーゼル車は4WDのみの設定。ガソリンエンジンの排気量は、4WDが2.4L、2WDが2.0Lとなっています。

それぞれの詳細は、以下の通りです。

●4WD クリーンディーゼル車
2.2L コモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジン

最高出力:148ps(109kW)/3,500rpm 
最大トルク:360Nm(36.7kgm)/1,500-2,750rpm
JC08燃費:13.0km/L

低回転から力強く高回転までスムーズに加速する頼もしいエンジンです。アルミシリンダーブロック、アルミロアケースを採用し、大幅に軽量化されています。最先端の排出ガス浄化システムなどにより、大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を大幅に低減しています。


●4WD ガソリン車
2.4L MIVEC DOHC 16VALVE ガソリンエンジン

最高出力:170ps(125kW)/6,000rpm 
最大トルク:226Nm(23.0kgm)/4,100rpm
JC08燃費:10.6km/L

吸排気ともにMIVEC(連続可変バルブタイミング)を採用し、優れた動力性能と低燃費、クリーン性能を高次元で両立。さらにアルミダイキャスト製シリンダーブロック、樹脂製シリンダーヘッドカバーの採用や、後方排気レイアウトなどによって軽量化を図り、優れた運動性能を実現しています。

●2WDガソリン車
2.0L MIVEC SOHC 16VALVE ガソリンエンジン

最高出力:150ps(110kW)/6,000rpm 
最大トルク:191Nm(19.4kgm)/4,200rpm
JC08燃費:13.0km/L

新MIVECは、吸入空気量をスロットルバルブだけではなく、吸気バルブのリフト変化によって調整するシステムです。従来のDOHCエンジンと同等の性能を実現。アイドリングストップ機構のAS&Gと組み合わせることで、低燃費を達成しています。

2WDと4WDは使用状況で選ぶのがベスト

デリカD:5の4WDモデルは他のミニバンにはない、かなり本格的な悪路走破性を有していますので、路面凍結や降雪が当たり前の地域で使うなら迷わず4WDですね。

反対に、居住性を含めた普段の使い勝手では2WDでしょう。特に4WDでは、フロアの高さが40mm高くなりますので、小柄なドライバーには2WDがベターかもしれません。

車両重量も約100kg違うので操舵感覚もかなり違ってきます。見た目も含めて、軽快さを重視するなら2WDですね。

悪路走破性も十分に発揮できるミニバンは、三菱デリカD:5だけ。4WDモデルならキャンプやスキーに心強いパートナーになってくれそうです。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives