次期BRZには、ターボもSTIも設定されないのか?

なかなか出ないBRZ「STI」仕様

スバル BRZ

スバルとトヨタが共同開発した86/BRZのデビューは2012年。2.0L水平対向エンジンを搭載した、本格FRスポーツカーとして多くの支持を得たモデルです。

ただしエンジンは、200psを出力する自然吸気エンジン仕様のみ。おそらく多くの方々は「WRX用のターボエンジン搭載モデルが出るのは時間の問題だ」こう思ったことでしょう。

しかしその期待を裏切るように、トヨタからもスバルからも、ハイパフォーマンスモデルの発表はありません。これにはいくつか理由があると考えられますが、おそらく、往年のトヨタ86のコンセプトに近い、自然吸気エンジンのレスポンスで軽快な走りを楽しむモデル、かつ環境性能も考慮した現代のスポーツカーである、そんな要件が、86/BRZには織り込まれていたためではないでしょうか。

加えていえば、ハイスペック化すれば、ボディや足回りなど、多くの見直しと改良が必要となり、価格も一気に跳ね上がります。そのため、本来のコンセプトから外れてしまうという事情もありそうです。

他方でスバルは、STIというスポーツ色の強いブランドが、ある一定のファンを獲得しているため、ハイスペックモデルを出したくて仕方なかったのではないでしょうか。その存在は、スバルブランドの競争力にも繋がるものだからです。

次ページBRZ STI仕様はリリースされるのか!?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事