頭文字D仕様と湾岸ミッドナイト仕様…果たしてどちらが速いチューニングなのか?

頭文字D、湾岸ミッドナイト…どちらのカスタムカーが速いのか!?

首都高速道路

ではどちらの作品のクルマが速いのか、といえばもう皆さんもおわかりかと思います。

この両作品ではメインステージが異なるため、求める性能や方向性が違っています。頭文字Dの世界のクルマが首都高で悪魔のZと勝負しても、直線加速で突き放されてしまうでしょう。

その逆も然りで、ハイパワー化されたZがダウンヒル特化仕様のAE86と互角の戦いをする、というのもなかなか想像し難いところ。

また仮にサーキットでレースに出るとするならば、カテゴリー違いになるものが多く、一緒くたに速さを語るのは少々ナンセンスでもありますね。

いずれにせよ、作者の作風・個性も違う作品なので、登場車種同様にどちらも甲乙つけがたい魅力を持っています。

このクルマ好きに訴求する両作品ですが、「頭文字D」は2013年に惜しまれつつ完結。一方の「湾岸ミッドナイト」は、その世界観を引き継いだ「銀灰のスピードスター」が物語を紡いでいます。

これを機にそれぞれ読み返してみてはいかがでしょうか。


■おすすめ記事
AE86、インプレッサ、RX-7…頭文字D(イニD)登場車、人気の5選!
悪魔のZにBNR32、テスタロッサ...湾岸ミッドナイト登場車種4選!
昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?
バブル期の社会問題?!首都高の「ルーレット族」とは一体何だったのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives