ツライチやインチアップをすることで速くなるのか?

ではインチアップはどうなのか?

【東京オートサロン】weds

インチアップも、大径ホイールが足元に映えるドレスアップカスタムとして人気があります。メーカーのオプションに大径アルミホイールが用意されていることからも分かるように、それなりのメリットが期待できます。

その代表的なものが、コーナリングレスポンスとグリップの向上です。ホイールをインチアップすると、必然的にタイヤの扁平率は低くなります。これはタイヤ外周を変えないためです。タイヤの外周を変えない理由は後ほど説明します。

扁平率の低いタイヤは、サイドウォールが薄くなり、ゴムのたわみ部分が少なくなるわけで、それがコーナリング時のレスポンスの向上につながります。またタイヤが幅広となるのでグリップ力も向上するといえましょう。

デメリットは、サイドウォールが少なくなったことから想像できるように、乗り心地が悪化します。また、タイヤが幅広になれば転がり抵抗も増えるため、燃費も悪化します。同様の理由でステアリングも重くなる傾向があります。インチアップはメリットばかりではないカスタマイズなのです。

次ページ走行性能向上に寄与するのも事実だが…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives