ツライチやインチアップをすることで速くなるのか?

そもそもツライチとは?

【東京オートサロン】ワークWORK

クルマ好きの方なら、「ツライチ」と聞けばすぐにピンとくると思いますが、念のため簡単に説明しましょう。

大抵のクルマはタイヤとホイールがフェンダーの奥に引っ込んでいます。これはチェーンを履かせるためや、ボディとの干渉を避けるためのクリアランスを取っておくという意味合いがあります。

しかし見栄えという点で、これを嫌うオーナーも多く、スペーサーを噛ませたり、ホイールのオフセットを変更することで、フェンダーとギリギリの位置までホイール面を引っ張り出すカスタムを行います。これがツライチです。 ※ボディよりはみ出すと違法改造です。

メリットとしては、まず迫力のあるルックスになること。走行性能においては、左右両タイヤ間の接地距離が拡がることで、ハンドリング特性を変化させることができます。 

ただしスペーサーの場合、ホイールや結合部に大きな負荷がかかることから、足回りに思わぬ不具合がでたり、強度不足の場合スペーサーの破損の可能性があります。そのためパーツ選びには十分注意が必要です。

また、ボディへの干渉なども考えられるので、フェンダーの爪おり加工や、車高調サスへの換装など、足回りのリセッティングも考えたほうが得策です。タイヤがフェンダーやその他パーツに干渉することで、ノーマルより劣った性能になってしまうこともあるのです。

次ページではインチアップはどうなのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives