プジョー2008、3008、5008の違いとは?

新型プジョー5008

新型3008をベースに3列シート、7人乗りとしたモデルが新型5008です。そのデザインは、3008の流れを組みながら力強いイメージに生まれ変わっています。

プジョーの他SUVと同様、i-CockpitやEMP2(次世代プラットフォーム)を活用し、さまざまなアイテムを装備。また、それぞれが独立した2列目シートを持ち、3列目のシートを折りたたむと、1,060Lもの広大なスペースが生まれるなど、各種のアレンジも可能となっています。

発売は2017年春。日本への導入時期などはまだ発表されていません。

エレガントでダイナミックなデザイン、高い機能性を備えた5008には、ガソリンの1.2Lと1.6L、ディーゼルの1.6Lと2.0Lエンジンが用意されます。

プジョー 3008

新型3008、5008ともに、インテリアには進化したi-Cockpitが採用されています。

この最新のi-Cockpitでは、インストルメントパネルに未来的なグラフィックの12.3インチデジタルスクリーンを採用。またダッシュボードの中央に配置される大型8インチタッチスクリーンは、直感的で快適なコントロールを可能とし、使い勝手を向上させています。

また、ステアリングをよりコンパクトにするなどデザインも刷新されています。

モデルチェンジで魅力が増した!? プジョー 208の特徴まとめ!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives