パトカーにも採用されたフェアレディZ…あなたはどの型がタイプ?

フェアレディZ NISMOのパトカー、どんな仕様に?

フェアレディZ NISMO

現行のフェアレディZ NISMOは、2014年にマイナーチェンジを受けました。最新のNISMOデザインアイデンティティを採用し、エクステリアデザインを刷新。また、ボディーパーツの変更により、前後のダウンフォースバランスを最適化することで、高速域でのハンドリング性能を向上させています。

さらにインテリアでは、NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用し、中高速域でもドライバーが安心して操作ができるホールド性を実現しています。

なお、最新の価格は2016年にベース車両がマイナーチェンジを受けたことで、以下に改訂されています。

フェアレディZ NISMO  7M-ATx  ¥6,293,160
フェアレディZ NISMO  6MT    ¥6,185,160

高速道路で見かけたらラッキー!なフェアレディZ NISMOのパトカー。速度違反をしないよう安全運転につとめましょう。


■おすすめ記事
日本の警視庁にも新たな武器「フェアレディZ NISMO」を導入していた!
NSXやフェアレディZ…なぜ日本のパトカーではスポーツカーが採用されにくいのか

次ページ歴代フェアレディZ ギャラリー

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事