新型CX-5、予約受注台数9,000台超え!好調な理由とは?

ユーザーからの評価が高い新型CX-5

マツダ「魂動デザイン」のデビュー作ともいうべきモデルが先代のCX-5です。デザインにこだわりがあるモデルであり、新型は先代が持っていたダイナミックな造形美に加え、さらなる上質感をプラスしているのが大きなセールスポイントです。

冒頭で述べたように、新型CX-5は月間販売計画の約4倍もの受注が、発売前に入っているという事実。これには旧型モデルからの乗り換え需要もあると考えますが、なにより世界中で高い評価を受けているクーリンディーゼルエンジンSKYACTIVE-Dの高い実力に裏打ちされているのは間違いないでしょう。

先代のCX-5を購入したユーザーの8割近くが、ディーゼルモデルをチョイスしているということから、新型もディーゼルモデルが売れ筋となっていくはずです。しかし、マツダとしてはSUV市場で主流となっているガソリンエンジンにもテコ入れしたいという意向があるようで、新型ではディーゼルとガソリンの比率を、55:45あたりに持っていきたいとしています。

ちなみにグレード別の予約受注構成比は、本革シートを採用して上質さを際立たせたL Packageが49%、先進の安全装備を充実させたPROACTIVEが47%と、ユーザーの安全意識の高さが見て取れます。

ボディカラーは、イメージカラーでもある「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%、金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が17%となっています。

次ページCX-5人気の原動力「SKYACTIVE-D」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事