ジュークとジュークNISMO…何がどう違う?

ジュークとは?

日産ジューク2014マイナーチェンジ

ジュークは、日産が販売するコンパクトSUVです。現在では、クーペを意識したスタイルのSUVは珍しくありませんが、ヨーロッパでデザインされたスタイリングは、当時大きく注目を集めました。

全体のフォルムだけでなく、フロントマスクも非常にインパクトのある意匠が施されています。通常の位置にあるランプユニットは、ポジションとウィンカーで、グリルの両端にセットされたラリーカーの補助灯的なものがヘッドランプです。

フロントポジションランプとテールライトは同社のフェアレディZと同じようにブーメラン型を採用し、スポーティさを際立てています。

2009年のジュネーブモーターショーで公開された「QAZANA(カザーナ)」は、先行して開発されていたジュークが元になっています。

【ジュークボディスペック】
全長:4,135 - 4,165mm
全幅:1,765 - 1,770mm
全高:1,550 - 1,570mm
ホイールベース:2,530mm
車両重量:1,170-1,400kg

ニスモとの違いは?

ジュークには、最高出力114psの1.5L自然吸気エンジンと、最高出力190psの1.6Lターボエンジンのグレードがあります。

駆動方式はFFが主体となっており、4WDモデルは16GT FOURのみ。また、FFモデルはリヤサスペンションがトーションビーム式、4WDモデルはより路面追従性に優れるマルチリンク式が採用されています。

ジュークNISMOは、2013年に登場しました。16GT FOURをベースにしており、搭載されるエンジンも同じ1.6Lターボエンジン。しかしながら、最高出力は200psにアップされ、専用サスペンションが奢られます。

また、その翌年の2014年に追加されたNISMO RSは、さらにチューニングを施し、最高出力214psを発揮します。駆動方式はどちらも4WDです。

外観もスポーティさが強められており、ワイド化したフロントバンパー、ダウンフォースを高めたルーフスポイラー、18インチホイール(通常モデルは16~17インチ)が奢られます。

内装はブラックをベースとし、レーシーなレッドカラーがアクセント。シートはバケットシートの老舗であるレカロと共同開発したものを装備、スポーティな走行に乗員が耐えられるように後部座席にはアシストグリップも搭載しています。

もちろん走行性能も高められており、専用チューンされたサスペンションにより、ハンドリング、高速安定性も向上しています。

さらに、7速クロスレシオ化したマニュアルモード付きのエクストロニックCVTが専用で組み合わせられています。

ジュークNISMOの存在意義とは?

日産 ジューク

SUVであるジュークに、スポーティなNISMO仕様を用意する意味があるのかという声も聞こえてきそうですが、海外ではジュークNISMO以上にスポーティに仕上げられたSUVは数多く存在します。

本来SUVとは、アウトドアシーンなど悪路の走破性を高めたクルマのことを言います。しかし、近年は乗用車をベースとしたオンロード向けのSUVが増えてきたことにより、メーカーはユーザーの多様性に応える必要が出てきたのかもしれません。

そういった意味では、ジュークNISMOのようなクルマもハマる人にはピタリとハマる、そんなモデルなのではないでしょうか。

C-HRとヴェゼルとジュークを比べてみた!
日産ジュークのグレード・中古価格まとめ|個性派モデル ジュークの売れ筋No.1グレードは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事