ニュー3008、これが新世代のコックピットだ。

室内はラグジュアリーセダンそのものの心地よい空間

プジョー 新型3008

プジョー初の自社開発・自社生産クロスオーバーSUVとなるプジョー3008は、2009年に本国で発売。2010年6月から日本への導入が始まりました。その2代目が、新型3008です。

内外のデザインを一新した新型3008は、SUVらしくより力強いスタリングを採用。その一方で、室内は同社のサルーンモデルと共通の心地よい空間が広がっています。

次ページ新世代のコクピット、i-Cockpitがすごい

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事