フェラーリF50をFBIが全損…衝撃の裁判結果とF50のその後は?

事の発端は…?

2003年9月、米国ペンシルバニア州のディーラーから「フェラーリF50」が1台盗難されました。幸いにもこのF50には車両保険がかけられていたので、当のディーラーは保険会社から保険金を受け取ることができました。この時点でF50の所有権は、ディーラーから保険会社に移動したということになると考えられます。

時を経て2008年5月。FBIとケンタッキー州警察が麻薬捜査を行う過程で、その「フェラーリF50」が発見されたのです。FBIは、現在の所有者である保険会社に連絡し、裁判の証拠品として、このF50を保管することになりました。

次ページ全損になるF50…なぜ!?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事