欧州新型SUV比較!3008 vs ティグアン、買うならどっち?

ボディサイズ、ユーティリティ比較!

VW ティグアン

  全長 全幅 全高 荷室容量
ティグアン 4,500mm 1,840~1,860mm 1,675mm 615〜1,655L
3008 Allure 4,365mm 1,835mm 1,635mm 512〜1,604L
SUV 3008 4,447mm 1,840mm 1,630mm 591〜1,670L

まずボディサイズですが、世界基準で設計されている3車は、コンパクトSUVと言っても全幅は1,800mm超。日本国内では、やや大きめのサイズになりますので、細い路地などでの運転は少々注意が必要かもしれません。

ティグアンの後部座席は、シートの前後調整が効くようになっています。ラゲッジスペースを優先してシートを一番前まで出しても、難なく座れるスペースが確保されていますし、反対に一番後ろまで下げれば、足が組めるほどの広大な足元空間が生まれます。

対する3008 Allureは、後席床面がフラットなので、真ん中に座る人が特別窮屈な姿勢を強いられることもありませんし、左右の足元には小物を収納できるスペースを設け、利便性を高めています。上下2分割のテールゲートも使いやすそうですね。

新しいSUV 3008については、詳細こそ明らかになっていないものの、3008 Allureよりもホイールベースを60mm延長。その分、居住性が高まっていることが予想されます。


次ページパワーユニットは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事