3月7日に発表される新型XV!現行モデルと何が変わる?予測してみた

スバルXVはインプレッサの1グレードとして登場

インプレッサ XV

スバルXVは、2010年に発売された「インプレッサXV」がその始まりです。初代XVはわずか1年4か月で発売終了となりましたが、約1年後の2012年10月に「スバルXV」として2代目が発売されました。

コンセプトは、Urban Adventure。流麗かつ軽やかなプロポーションと、SUV らしい力強さを兼ね備えたエクステリアに、スバルが得意とする信頼感のある走りと安全性、高い環境性能をあわせ持ったモデルです。

パワーユニットは、2.0L水平対向4気筒エンジンとチェーン式のCVTの組み合わせのみだったのですが、2013年6月にスバル初のハイブリッドシステムを搭載したXVハイブリッドが追加されました。

フェイスリフトは、2015年。スポーティ&カジュアルをテーマに掲げたデザインをより強化するとともに、安全性能を向上させています。

次ページ新型XV、現行モデルと何が変わる?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事