ミニバンにもAMGライン。メルセデスがVクラスにかける思い

Vクラスはどんなクルマ?

メルセデス Vクラス

初代Vクラスは1998年に登場しました。メルセデス・ベンツにとっては唯一のワンボックスタイプのミニバンとなります。海外では商用車や緊急車両としても用いられています。

3代目となる現行モデルが日本で発売されたのは2015年のこと。エンジンは、2.2Lのディーゼルのみで、日本向けのスペックは、最高出力163ps、最大トルク38.7kgmを発生します。

駆動方式はFR。ミニバンの多くは、室内スペースを確保するため、FFの駆動方式が普通ですが、Vクラスは走りの性能を確保するために、FR方式を採用(初代を除く)。大型のボディでありながら駆動輪と操舵輪を分けることで、最小回転半径はEクラスと同じ5.4mとなっています。

【3代目Vクラスのボディスペック】
全長:4,905~5,380mm
全幅:1,930mm
全高:1,880mm
ホイールベース:3,200~3,430mm
車両重量:2,280~2,490kg

次ページAMGラインが採用されたVクラスはどんな仕上がりに?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事