【動画】大雪の中、身動きできない大型トラックを救ったのはスバル インプレッサ!

スバル インプレッサが雪道の中、何倍もの重量の大型トラックを救出!

ブラボーSUBARU!としか言いようがないこちらの衝撃映像。雪にハマって動けなくなったトラックを、引っ張って引っ張って助けます!

こちらの大型車を牽引しているのは、スバルを代表する「インプレッサ」!!!何倍もの重量のトラックを引っ張るこのインプレッサが、海外で話題となりました。「一生スバルについていく。」「スバルが世界ラリー選手権を3度制覇した理由はこれだ。」といったコメント等、様々な驚きの声がよせられました。

世界を騒がせたこの「インプレッサ」。なぜこんな事が…!?

その理由は安定した全輪駆動…!?

2012 Subaru Impreza WRX STI A-Line

スバルの技術として有名なのが、「左右対称の全輪駆動」通称「シンメトリカルAWD」です。この「シンメトリカルAWD」では、動力を発するパワートレーンが4輪それぞれに対して左右対称、一直線上にの位置に設置されています。

つまり、動力が4輪すべてにバランスよく配分され、雪道のような悪路でも安定して進む事ができるのです。とてもシンプルなシステムですが非常に合理的な発想で、このシステムによりドライバーは思うようにコントロールできるようになりました!また、重すぎない車体自体も雪道ではとても好条件ですね。インプレッサ以外にもフォレスターやレガシィも雪道に得意とされています。

スバルだけじゃない!スズキのジムニーも負けてない!

海外を驚かせたのはスバルだけではありません!こちらの動画も驚きです…。大雪の中、スズキのジムニーが牽引しているのはとんでもない大型車…。目を疑う映像を、まずはご覧下さい!

いやぁ…こちらもお見事です。すごい!

この動画は大雪で動けなくなった大型トラックを、スズキ ジムニーが牽引している様子を撮影したものです。とにかく映像のインパクトがすごいですね。タイヤを何度も回転させながら何倍もの大きさのトラックを引っ張っている姿に「ジムニー頑張れ!」と応援したくなります。

ジムニーはオフロードの4輪駆動で悪路を得意とする軽自動車。業界の関係者からすれば、「このくらいジムニーにとっては当たり前!」だそうです…。ですが、それでも軽自動車は軽自動車!あんな小さな車体が、巨大トラックを引っ張る事ができるなんて、驚きですね。

海外から「やっぱり日本車はすごい。」と言われるのも納得です。これからも、どんな雪道も、どんな悪条件にも負けないクルマを作っていってほしいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事