マツダ アテンザの国外名はMazda 6だった

車名の名づけルール

クルマの名づけルールは国やメーカーによって様々です。これまで販売されてきた車の名づけルールについて、主流となるスタイルを整理してみました。(例外もあります。)

◎数字やアルファベットなど無機質な車名が主流
メルセデス(320E、300SL、GLAなど)
アウディ(A8、S4、TT、100、80など)
BMW(635CSi、320i、X5など)
プジョー(205GTI、505、307SWなど)
ボルボ(V40、940、850、XC90など)
ジャガー(XJ-S、XF、XK8など)

◎ペットネームが主流
トヨタ(ヴィッツ、クラウン、シエンタなど)
日産(セレナ、スカイライン、キューブなど)
ルノー(トゥインゴ、キャトル、エスパスなど)
フォルクスワーゲン(ゴルフ、トゥーラン、ジェッタ、パサートなど)
ランボルギーニ(カウンタック、ガヤルド、ムルシエラゴ、ミウラなど)

◎混合型(数字+ペットネームの車名または、数字の車種とペットネームの車種が混在)
アルファロメオ(159、147、ミト、ジュリエッタなど)
フェラーリ(360モデナ、612スカリエッティなど)
ポルシェ(911、928、パナメーラ、ボクスター、マカンなど)

他のマツダ車はどうなっている?

マツダ

それでは、マツダ車は海外でどう呼ばれているのでしょうか?現在販売されている車種は以下のような車名になっています。

デミオ→Mazda 2 、Mazda 121(初代)
ロードスター→Mazda MX-5
アクセラ→Mazda 3
CX-5→Mazda CX-5
アテンザ→Mazda 6
プレマシー→Mazda 5

また過去には、

デミオ→Mazda 121
ルーチェ→Mazda 929
ファミリア→Mazda 323
カペラ(クロノス)→Mazda 626

など、3桁の英数字という時代もありましたが、いずれにしても海外ではペットネームがほとんどなく、無機質な欧州スタイルになっているようですね。

次ページアテンザはなぜ国外でMazda 6と呼ばれるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事