アウディA、S、RSの違いとは?グレードヒエラルキーを考える。

欧州車のラインナップのわかりやすさ

日本車の場合、「プリウス」、「ノート」、「マーチ」など、クルマにはそれぞれ名称が与えられており、それが製品としての大きなイメージとなっています。

しかし欧州メーカーの車名を見てみると、メルセデス・ベンツやアウディのようにローマ字と英数字を組み合わせたものや、BMWやプジョーのように英数字だけで表すものなど、ある種「記号」のようなネーミングが主流です。

これには、クルマの「ヒエラルキー」がすぐにわかるように、という意味合いがあります。たとえばBMWの1シリーズと7シリーズなら、直感的に7シリーズの方が上位グレード(セグメント)なのだと分かるわけです。アウディのローマ字のあとに続く数字も同様です。

一方、日本ではこうしたネーミングはまずありません。「トヨタ1」とか「トヨタ7」なんてことにはならないわけです。そこは奥ゆかしい日本文化というべきか、国民性も大いに関連しているのでしょう。良くも悪くもグレードヒエラルキーなどがすぐに分からない、それが日本メーカーなのだともいえますね。

アウディのグレードヒエラルキーの明確さ

アウディ S3

アウディの基本的なグレード展開は、A1〜A8です。(2は現在欠番)

そしてそれぞれのグレードに「S」が用意されています。Sは、全車4WDで、エンジンもハイパワー版が搭載されます。

当然価格もUP…となるわけで、エントリーグレードのA1が249万円〜であるのに対し、S1は423万円~と、一気に200万円近く変わります。

その分、出力もベーシックな1.0Lモデルの90馬力と比して、排気量、出力ともに倍以上の231馬力にアップするのですから、車格は同じでもまったく違うクルマになっています。

車名をA1Sとせずに、S1としたのは、この明確な違いをアピールするためだったと想像できます。

次ページグレードヒエラルキーのわかりやすさ=伝わりやすさ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事