トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用・公用車に採用され続けてきたクラウンだが…

前述のように、社用車・公用車は「クラウン」のイメージが強くあります。これは「いつかはクラウン」という価値観が示すように、ここ日本において「もっともポピュラーな高級車」だったからに他ならないでしょう。ドライバー付き、後部シートに乗る…という用途に於いて、やはりクラウンが適していた時代が続いていた、ともいえます。

しかし2017年現在、その感覚は少々古いもの…といわざるを得ないかもしれません。なぜならば、国産高級車には同じトヨタが立ち上げた「レクサス」が存在し、グループ内のヒエラルキーでもクラウンより上位車種が君臨しているからです。具体的に言ってしまえば、トヨタ(レクサス)系のフラッグシップセダンは「レクサスLS」となっています(センチュリーを除いて)。

こうなると、「ではクラウンの立ち位置はどうなるのか…」というジレンマに直面します。結果として現在「ReBorn」を旗印に若々しいイメージを打ち出しているクラウン(アスリート)等の販売戦略もこうした状況を鑑みると肚に落ちるのではないでしょうか。

つまり、古式蒼然とした高級志向だけではもう勝負できないのが事実であり、これまでと違った価値(スポーツ性、スタイリング、カラーリング)を付与し、新たな購買層を開拓すべく奮闘しているのが現行クラウン、ということになります。

クラウン マジェスタ

また、社用車は経費とみなせるため、節税対策に高級車をチョイスするのが常です。そうすると日本で法人展開をしているドイツ系メーカーのクルマ等も当然人気となりますし、今後も社用車の座をかけて「仁義なき」戦い(?)が行われそうな気配です。

一方、公用車は入札制になることが多く、公的機関での運用となれば市民の目も非常に厳しいので、「コスト面」、「環境性能」が優れているのが必須。その点ではハイブリッド仕様をしっかり備えているクラウンをはじめとした国内メーカーに分があるといえましょう。

いずれにせよ、今後も社用車・公用車でクラウンを見かける機会は多いといえそうです。

次ページタクシー業界では圧倒的!?クラウンの存在感…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事