"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

装備の違い

ホンダ オデッセイ アブソルート

アブソルートはオデッセイの上級モデルで、クールな見た目と上質さが特徴。人気もアブソルートに集中しているようです。

装備においては、ヘッドライトがLEDになり、フロントグリルも開口部を大きく取るなど、スポーティなテイストが散りばめられています。また、ガソリン車のアブソルートのみパドルシフトを採用している点も、重要なチェックポイントです。

オデッセイのトランスミッションはCVT(無段変速)ですが、擬似的な7速とされており、パドルシフトで変速することができます。

ただスポーティな走りをするためではなく、上り坂で低速ギアにすることで力を発揮したり、下り坂ではエンジンブレーキを効かせることで、ブレーキの消耗を抑えたり、ベーパーロックやフェード現象を防ぐこともできます。意外にもパドルシフトはスポーツカーでなくともあると嬉しい装備なのです。

また、2列目がオットマン付きの座席になるプレミアムクレドールシート(7人乗りモデル)や、安全装備のホンダセンシング (ノーマルグレードではオプション)など、総合的な満足度も高くなっています。

エンジンの違い

オデッセイ アブソルート

オデッセイのガソリンモデルはすべて2.4Lのエンジンを搭載しています。一見すると、どのグレードを選んでも走りは同じと思えますが、実はグレード毎に細かくセッティングが変えてあるのです。

ノーマルのオデッセイ(”G"グレード)では、最高出力175ps、最大トルク22.9kgfmとなっているのに対して、アブソルートでは最高出力190ps、最大トルク24.2kgfmとなっています。(4WDモデルはまた異なるスペックです)

JC08モードで燃費は前者が13.8km/L、後者は14.0km/Lとほとんど変わらないどころか高出力エンジンのアブソルートの方がわずかながら燃費が向上しています。

パワーもあり低燃費なら、よりアブソルートの方が魅力的に映るのではないでしょうか?

次ページ価格はアブソルートの方が上。しかし意外な落とし穴も?

この記事をシェアする

最新記事