2018年発売予定?!発売を待ち焦がれる車トップ5

①トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

エスティマは、トヨタが1990年から販売している人気モデル。現行モデルは2006年に登場した3代目。

従来のままでも販売台数を確保できるほど人気の高いモデルで、2016年にマイナーチェンジが施されましたが、いまだにフルモデルチェンジが行われていません。

とはいえ、現行モデルが登場してから10年という年月を経ていますので、当然フルモデルチェンジに対する期待も高まります。

②日産 マーチ

日産 マーチ

丸みを帯びたボディと愛くるしいフロントマスクは女性からの支持も高いモデルです。コンパクトで運転がしやすいというのも、この車の利点なのでしょう。

そんなマーチも次期型ではデザインコンセプトを大きく変えてくるようです。今年のパリモ-ターショーで世界初公開された新型マーチは、従来のイメージをガラリと変え、ホットハッチのようなシャープなフォルムでお披露目されました。

これならコンパクトカーが欲しい男性にもすんなり受け入られそうです。

③スバルWRX STI

WRX STI

スバルのハイパフォーマンスカーも2018年にフルモデルチェンジの予定となっています。現行モデルは2.0Lエンジンでありながら、最高出力308psという圧倒的なパワーも持っています。次期型ではボディは新型インプレッサでも採用された「スバルグローバルプラットフォーム」が採用され、走りにはより一層磨きがかけられるものと思われます。

世界的に見ると、スポーツカーもダウンサイジングターボエンジンを搭載するモデルが多くなっており、WRX STIもその波に乗るのか、興味のつきないところです。いずれにしても次期型では、より研ぎ澄まされた走りに期待が高まります。

④日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

フェアレディZは1969年から続く伝統あるクルマです。2000年には一度生産を終了してしまいますが、2002年には復活を遂げています。やはり日産のブランドイメージを作る上げるためには欠かすことのできない車ということなのでしょう。

パワーユニットにはベンツのエンジンが搭載されそう。インフィニティブランドでは実際にベンツのエンジンを搭載しているモデルもあるため、可能性としては十分にあるでしょう。現行モデルの車体価格は3,831,840円~と決してお買い求めやすい価格ではありませんが、次期型では、もう少し現実的な価格になるという情報も出ています。

⑤マツダ アクセラ

マツダ アクセラ

スカイアクティブテクノロジーで高い評価を得ているマツダですが、次期型となるアクセラでは、第2世代となる「SKYACTIV GEN2」が採用される予定です。これにより燃費性能は約15%も改善すると言われています。

デザインはクーペを思わせるハッチバックボディですが、よりスピード感のあるフォルムへ進化すると予想されています。また、まだ普及の少ないクリーンディーゼルハイブリッドも開発されており、ハイパワーと低燃費を高次元で実現できることはほぼ確実と言えるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事