新型オデッセイは超スタイリッシュ?!果たしてどんなクルマになるのか?

現行オデッセイはどんな車?

オデッセイ

2013年に登場し、2016年にはマイナーチェンジも実施されたオデッセイ。ハイブリッドモデルは、大きく重いボディのミニバンながら、JC08モード26.0km/Lを達成しています。

【現行オデッセイスペック】
全長:4,830mm
全幅:1,800mm~1,820mm
全高:1,685~1,715mm
ホイールベース:2,900mm
車両重量:1,700~1,880kg
エンジン:2.4L DOHC i-VTEC
2.4L DOHC i-VTEC 
ハイブリッドモデル:2.0L i-VTEC

次期オデッセイはどうなる?

次期型オデッセイはより低燃費かつパワフルなパワーユニットを搭載し、内外装ともにより洗練されたデザインになると言われています。

ミニバンでありながら低い車高のボディがスポーティな印象だった先代ですが、2013年のフルモデルチェンジでは、利便性を重視し、全高は一般的なミニバンと変わらなくなりました。このコンセプトの変更は賛否両論があったのも事実。従来のオデッセイらしさが薄れてしまったという声も少なからずあります。

次期モデルも使い勝手を考慮して現行モデルのスタイルを継承すると思われますが、ティザー広告のリアビューは現行モデルよりも低姿勢になっているようにも見えます。もしかすると先代モデルと現行モデルの中間くらいの全高に抑えてくる可能性もないとは言い切れません。しかし、現状公開されている画像だけではなんとも言えませんね。

ワールドプレミアはいつ?

次期型オデッセイのお披露目は、2017年1月に開催されるデトロイトショーと言われています。

ミニバンは快適性を重視するとどうしても箱型のボディが強調されてしまい、デザインで個性を出すのが難しくなります。次期型では現行モデルが失ってしまったオデッセイらしさが、取り戻されているといいですね。ワールドプレミアまでにはまた新たな情報が出てきそうなので、そちらにも期待しましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事