トヨタ、2017年FIA世界ラリー選手権に臨むヤリスWRCを発表!気になるドライバーは?

ヤリスWRCとは?

トヨタ ヤリス WRC

ラリー仕様に仕上げたヤリスWRCは、マイクロソフトともタッグを組み、ITという観点からも開発を推し進められてきました。

初年度となる2017年は、2台のヤリスWRCを、2002年に初めてWRCに参戦してから2016年シーズンまで3回のWRC年間ランキング2位を達成したヤリ-マティ・ラトバラと、ヤリスWRCの初期のテスト走行から開発に参加してきたユホ・ハンニネンに託して表彰台を狙います。

三菱時代に4度のドライバーズタイトルを獲得したチーム代表のトミ・マキネン氏は「信じられないほどのポテンシャルを持つ、優れた設計のクルマだ。新規定により、開発の自由度が大幅に高まっている。まだすべてのポテンシャルを引き出せているわけではないが、ヤリスWRCは、信頼性と速さを兼ね備えていると言える。結果がどう出るか、本当に待ち遠しい限りだ」とコメントしています。

では、ヤリスWRCのスペックを見てみましょう。

エンジン形式:直列4気筒直噴ターボエンジン
排気量:1,600cc
最高出力:380馬力以上
最大トルク:425Nm以上
ギアボックス:油圧式6 速シフト
駆動方式・差動装置:4WD、機械式ディファレンシャル✕2、アクティブ・センター・ディファレンシャル (トルクスプリットオプション)
全長/全幅/全高:4,085mm(空力パーツ込)/1,875mm/調整可能
トレッド幅:調整可能
ホイールベース:2,511mm
最低重量:1,190kg
最高速度:201kph(理論値)

果たしてこのモデルがWRCでどのような走りを見せてくれるのでしょうか?楽しみですね!

トヨタ ヤリスWRC 2017、テスト走行を披露!

この記事をシェアする

最新記事