タイヤはどうやって作られているか知っていますか?

タイヤの製造工程

タイヤがゴムで出来ていることくらいは多くの方がご存知かと思いますが、製造方法を知っている人は多くはないでしょう。

それぞれのタイヤメーカーによってゴムの配合量が異なりますが、始めに合成ゴムや天然ゴム、カーボン、硫黄などの化学物質が混ぜられます。そして混ぜ合わさったゴムによって、タイヤを構成する「トレッド部分」「カーカス部分」「ビードワイヤー部分」の3つを作ります。

この3つを一本のタイヤの形に組み上げて、加熱・加圧、そして加硫させてタイヤが完成。出来上がったタイヤは厳しい検査を経て出荷されていきます。

メーカーによってこだわりが違う

タイヤ

もちろん先の説明は大まかなものであって、各メーカーによってそれぞれ製造工程に微妙にこだわりを加え、異なるのは言うまでもありません。

クルマの進化と共に、各メーカーがタイヤに求めるものも変化しつつあるでしょう。そのニーズに応えるべくタイヤメーカーも日夜研究に取り組んでいるのです。

普段何気なく乗っているクルマですが、タイヤ一つだけでも様々なドラマがあるものですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事