F1マシンのステアリングはどう変化してきたか?1957年から2014年まで一挙紹介!

ステアリングの進化

1957年から2014年までのF1のステアリングが順に流れていきます。

しばらくシンプルな丸型のステアリングが続きますが、現代に近づくにつれてまるでゲームのコントローラーのような形状になっていきます。たくさんのスイッチやメーターが取り付けられていますね。

特に最後に登場した2014年のステアリングには液晶パネルの姿も。時代の進化が見て取れますね。

なぜこのような変化が?

F1(ロータス)

なぜこのような変化が起きているのか。それはやはりF1が複雑なレースへと変化している点が挙げられるでしょう。

かつてのようにただ運転すれば良いのではなく、F1レーサーにも戦略が求められるようになりました。

ステアリング操作、ペダルワーク。これらだけではなく、状況に応じたマシンコントロールが求められるようになったため、このようなステアリングとなったのでしょう。

動画での時の流れを考えると、更に半世紀後には今のステアリングさえ「古臭い」と思われている可能性もありますね。

関連キーワード

このまとめをシェアする

関連するまとめ

最新まとめ