閲覧注意!50年放置すると車のエンジンオイルはどうなる?

ある意味「衝撃映像」です…

一般的にエンジンオイルは3,000km~5,000kmで換えるべきと言われています。人それぞれではありますが、一か月1,000km計算で3ヶ月から5カ月。これがいわばエンジンオイルの「交換周期」ですが、なんとびっくり、50年放置していたというのです。
エンジンのオイル交換なしで何kmまで走行できる?エンジンオイルの交換時期

動画を見ると分かりますが、本来は液体のはずのエンジンオイルがゼリーのような固形物へと変わっているのは衝撃的です…。

エンジンオイルを変える理由

オイル交換

エンジンオイルを変える理由、それはいわば「潤滑油」です。

エンジンオイルのおかげでエンジン内部の動きを滑らかにしますので、エンジンオイルを変えなければ潤滑油が動画のように徐々に固くなっていくので正常な働きをしません。

エンジンの各部分に摩擦による負担を与えてしまいますので、このような状況になる前に定期的にエンジンオイルを交換するよう心掛けましょう。
なぜ車のエンジンオイル交換後に「走り」が変わることがあるのか?

このまとめをシェアする

関連するまとめ

最新まとめ