マフラーを直管仕様にすると遅くなるって本当?

直管マフラーとは?

無題

一般的に触媒やサイレンサーが搭載されていないスカスカのマフラーを直管マフラーと呼びますね。抵抗となるものがないので、排気効率に最も優れるマフラーと思いますが、実はそうではありません。

直管マフラーは抜けが良すぎるなんて言い方もしますが、抵抗がないのが効率が良いという訳ではありません。直管マフラーをつけた車やバイクはサイレンサーがないので、甲高い音が響きますが、全回転域でトルクは落ちてしまいます。トルクが落ちるということはパワーが出ないので、うるさいばかりで速度が出ない車となってしまいます。

では、なぜ直管マフラーにすると遅くなってしまうのでしょうか。



直管マフラーはバランスが悪い?

直管マフラーはよく使われる言い方をすると、抜けが良すぎてバランスが悪いのです。しかし、この抜けが良すぎるという言葉自体、考え方としては正しいとは言えません。

マフラーは排気をクリーンにし、消音する代わりにエンジンのパワーロスを招いてしまうと考えがちですが、必ずしもデメリットとは言えません。サイレンサーが付くことで適度な排気圧がかかるようになるのです。

例えば、口大きく開けて息を吐くのと、口笛を吹くように息を吐くのでは後者の方が、風圧は強いですね。マフラーも同じです。排気圧によって低中速域のトルクが生きてきます。ちょうど、ツインスクローツターボの加給の原理にも似ていますね。一本の太い管よりも管を2つに分けて細くした方が低回転域にでもパワーを得やすく効率が良いという考え方です。

抜けの良いマフラーというのは、どれだけスムーズに排気ガスを抜けるかどうかということです。吐く息の量と、風圧のバランスが取れていることが大事なのです。直管マフラーは決して効率の良いマフラーとは言えません。

直管マフラーのメリットは薄い

直管マフラーで排気効率が見込めるとすれば、高回転域ですが、ストップ&ゴーを繰り返す一般道では低速域が弱くなるので、非常に乗りにくくなります。排気音は甲高い上に非常に大きく、聞いていて心地いいものではありません。

さらに、排気ガスを浄化する触媒がないので環境にも非常に悪いです。周囲から白い目で注目を集めたいという人以外には正直おすすめしません。

社外マフラーは多少音量が大きくなるものも多いですが、音量が大きい=不快という訳ではありません。多少音量が大きくてもずっと聞いていたくなるように心地よい排気音というのもあります。

お金をかけてカスタムをするのであれば、周囲からも評判の良いカスタムをしたいものですね。

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事