初代NSX VS 現行スポーツカー…過去の名車はどれほどすごかったのか?

ホンダ 初代NSXとはどんな車?

日本初の市販スーパーカーとして1990年に誕生したNSXは、まさにバブル時代の申し子でありました。

当時の800万円という価格は、センチュリーや後のメガクルーザーなど、特殊なクルマを除けば非常に高価です。BNR32スカイラインGT-Rが445万円の時代でしたから、型破りな存在だった事は確かです。

一方で、バブル時代の日本であれば「特別高価なクルマでは無かった。」のも事実で、輸入スーパーカーが飛ぶように売れるような時代では、特別なクルマとまでは言えません。

しかし初代NSXは、凄まじいオーダーが殺到し、ラインを増設して増産しなければいけないほどでした。

ボディこそ当時珍しかったアルミモノコックでしたが、エンジンはレジェンド用をチューンして流用、それをFF車由来らしく横置きでミッドシップに搭載と、ある意味MR2やAZ-1、ビートなどFFベースのミッドシップスポーツと変わらないレイアウトだったのです。

しかも当時は280馬力自主規制もありましたから、今の目から見れば特別な動力性能を持っていたわけでもありません。そういった意味では新型NSXとは全く異なるクルマだと言えます。

それでもNSXが名車たりえたのは、そのレイアウトで最適化に全力を注いだ事と、アルミボディによる軽量化が幸いしたという事でしょう。

現行車との比較 トヨタ 86 / スバル BRZ

スバル BRZ

さて、ここで現行車とのスペック比較をしてみたいのですが、初代NSXはやはり古いクルマなので、2006年まで販売された最終型のタイプRを対象としてみましょう。

【ホンダ NA2 NSXタイプR】
車重:1,270kg
最高出力:280馬力 / 7,300rpm
最大トルク:31.0kgm / 5,300rpm
パワーウェイトレシオ:4.53kg/ps
トルクウェイトエシオ:40.96kg/kgm

まず比較するのはトヨタ 86 / スバル BRZです。

ビッグマイナーチェンジ後で初代NSXとスペック比較するなら豪華装備は不要なので、最廉価グレードの86 Gと比較します。

【トヨタ ZN6 86 G】
車重:1,210kg
最高出力:207馬力 / 7,000rpm
最大トルク:21.6kgm / 6,400~6,800rpm
パワーウェイトレシオ:5.84kg/ps
トルクウェイトエシオ:56.01kg/kgm

さすがに動力性能で大幅に勝るNSXがパワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオ共に大幅に優っていますね。

意外なのは、高回転型エンジンだと思っていたNSXのC32Bエンジンと比較して、意外にも86のFA20の方が高回転域でトルクを出す事です。NSXがスーパーカーの割に乗りやすいと言われた理由が何となくわかりますね。

現行車との比較 日産 Z34 フェアレディZ NISMO

フェアレディZ NISMO

続いてフェアレディZは元祖スーパーカーの初代NSXに敬意を表し、最強グレードのNISMOで比較です。

カッコ内がNSXタイプRになります。

車重:1,540kg(1,270kg)
最高出力:355馬力 / 7,400rpm(280馬力 / 7,300rpm)
最大トルク:38.1kgm / 5,200rpm(31.0kgm / 5,300rpm)
パワーウェイトレシオ:4.33kg/ps(4.53kg/ps)
トルクウェイトエシオ:40.41kg/kgm(40.96kg/kgm)

280馬力自主規制から開放された時代のNAスポーツクーペであるZが、排気量で500cc上回る事もありパワー、トルクともに圧倒していますが、パワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオ比較では初代NSXもかなりイイ線をいっていますね。

ここは軽量アルミボディの恩恵が完全に出ています。

現行車との比較 日産 R35 GT-R NISMO

GT-R 2015年モデル

最後に初代NSXとJGTCやスーパーGTという大レースの舞台で激しく戦った、スカイラインGT-Rの末裔、GT-R NISMOとも勝負させてみましょう。これもカッコ内がNSXタイプRです。

車重:1,720kg(1,270kg)
最高出力:600馬力 / 6,800rpm(280馬力 / 7,300rpm)
最大トルク:66.5kgm / 3,600~5,600rpm(31.0kgm / 5,300rpm)
パワーウェイトレシオ:2.86kg/ps(4.53kg/ps)
トルクウェイトエシオ:25.86kg/kgm(40.96kg/kgm)

さすがに現役スーパーカーと比べると、初代NSXはタイプRといえどもいささか分が悪かったですね。

しかし、基本的には26年前のクルマで、現行スポーツカーでも格下の86 BRZは寄せ付けず、排気量、パワー、トルクとも上回るZとはいい勝負ですから、さすが往年のスーパーカーということでしょう!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事