世代を超えて愛されるトヨタ 86(ハチロク) その軌跡と本質に迫る

生きる伝説と化したトヨタ 86(ハチロク)

トヨタ ハチロク

スポーツカー好きなら誰もが耳にする86(ハチロク)。トヨタとスバルの共同開発により生まれ変わったハチロクは、世代を越えて愛されています。

日本においてスポーツカーは、年間販売台数はおよそ4桁の世界。それなのにハチロクは、国内だけでも目標1,000台/月に対し2倍ほどで販売を進め、年間23,000台販売することが出来ました(2012年時点)

その、世代を越えて愛されているハチロクがマイナーチェンジを2016年に行いました。

2016年 86(ハチロク)がマイナーチェンジ

トヨタ ハチロク

販売から5年目となる2016年、マイナーチェンジを経て、2016年8月に新型86(ハチロク)が発売されました。フロントマスクに変更を受けて、新しい表情を見せてくれます。

しかし、エクステリアデザインの変更も当然気になりまる箇所ですが、やはり注目すべきはスポーツカーを語る上で肝心な走行性能のパワーアップでしょうか。また、マイナーチェンジ後のハチロクの新車価格は、262万円〜325万円となっています。

この新型86(ハチロク)、中身もかなり手を加えられているということですが、どのような進化を遂げたのかを見ていきましょう。

皆さんご存知のように、86(ハチロク)はスバルとの共同開発によって生まれた車です。今回のマイナーチェンジによるデザイン変更で両車種、バンパー付近のデザインはエアロダイナミクスを意識した形状に進化しました。これにより、86(ハチロク)とBRZの違いがより明確になったと言えます。

86(ハチロク)のヘッドライトはLEDに換装され、BRZと同じくウィンカー内蔵タイプとなりました。これに伴い、テールランプもすべてLEDになり、夜間はより精鋭なイメージを主張できるようになっています。

確かに新型86(ハチロク)のデザイン的な古さは一切感じさせませんし、近年国内ではこういったスポーツモデルが希少なこともあり、新鮮さは失っていません。その意味ではマイナーチェンジで正解だったのかもしれません。

新型86(ハチロク)の足回りとボディ剛性

86(ハチロク)

新型86(ハチロク)の内装にも随所に変更が見られますが、今回のマイナーチェンジは目に見えるところばかりではありません。スポーツカーとしての基本性能も向上しています。新型86 (ハチロク)のボディの後半部分が特に手が加えられており、板厚の変更やスポット溶接の打点を増やして剛性アップを図っています。

足回りではリアホイールハウスの補強、ダンパー構造、減衰力の変更、スプリング・リアのスタビライザーの仕様変更など、全面的に手が加えられています。これにより体感できるほど走行性能は高くなっています。新設計のアルミホイールはトヨタ車最軽量となっており、バネ下軽量化により、軽快な走りが可能となっています。

新型86(ハチロク) わずかにパワーアップ

トヨタ ハチロク

AT車はマイナーチェンジ前と変更ありませんが、MT車は従来モデルから7psアップし、最高出力は207PS/7,000rpmとなり最大トルクもわずかに向上しています。

これはインテークマニホールド改良、高圧縮比12.5、摩擦抵抗の低減により実現しています。

マイナーチェンジであれば、エンジンはそのままということが多いですが、細かい部分まで手が加えられているのがビッグマイナーチェンジと称される理由かもしれませんね。

生きる伝説 86(ハチロク)の4つの魅力

2014 Toyota 86 Minor Update Model

 

直感ハンドリングFR

スポーツカーの楽しみを教えてくれるFR。そのFRの特徴でもあるハンドリングの良さを更に追求しました。運動性能の良さもハンパではありません。

スバルとトヨタのコラボレーション

トヨタとスバルの技術提携があって初めて生まれることが出来た86(ハチロク)。スバルの得意な「水平対向エンジン」と、トヨタの直噴技術「D-4S」を採用しました。

水平対向エンジンは、エンジンのシリンダーが左右に1つずつ、水平に配置されたもの。高さが低いエンジンのため、安定性が増し、低重心のクルマにしやすくなりました。

そしてトヨタの直噴技術「D-4S」によって、高出力で且つ環境性能に優れたものに。燃費効率はトヨタの十八番ですよね!出力に似合わない環境性能の高さ、環境性能に似合わない出力の高さになっています。エコが重視される現在に適応しつつも、走る魅力を伝えるスポーツカーになりました。

スポーツカーのキーポイント。460mmの低重心

トヨタ 86(ハチロク)は、「コンパクト・軽量・低重心・低慣性」の4ポイントがありますが、特に注目するのは低重心!

なんと、重心高460mm。例えばポルシェ ケイマンでも482mm、フェラーリ360は447mmと、高級スーパースポーツカーに劣らない重心高の車を、200万円の価格帯で造り出しています。

「お客様と共に進化する」

チューニングしやすく、手に入りやすい価格帯のスポーツカーである86(ハチロク)。AE86の精神を引き継いでいる証です。

なんと海外ではチューニングを重ね、1,100馬力近い出力にカスタマイズ。また、217km/hでドリフトする猛者もいるほどです。自分だけのオリジナルの1台を作り出せるのは、特別感があって良いですよね!

トヨタ 86(ハチロク)の由来

トヨタ86は「トヨタ ハチロク」と読みます。86(ハチロク)とは、1983年に発売されたトヨタスプリンタートレノ/カローラレビンの上級グレード(1.6Lエンジン4A-GE搭載車)の共通型式番号「AE86」を意味します。

ちなみに見た目はほぼ同じでも、3A-U型1.5L SOHCエンジン搭載車はその型式名(AE85)から「ハチゴー」と呼ばれます。

86(ハチロク)は当時、先進性や利便性を追求した新メカニズムの取り入れが進む中、自然吸気(NA)の1.6LエンジンとFRの組み合わせが逆に人気を集めました。

またサスペンションなども、単純な構造なので交換やチューニングも容易。チューニング志向の強い若者たちから根強い人気を集めました。爆発的人気となったのは、やはり「頭文字D」の影響が大きいでしょう。30年以上前のハチロクが今も中古車市場で高値で取引されています。

トヨタ 86(ハチロク)誕生の軌跡

現代の86(ハチロク)は2007年頃から開発が始まりました。

2007年、2009年の東京モーターショーにコンセプトモデルを出展し、2011年12月の東京モーターショーで市販仕様車「86(ハチロク)」を出品。

翌2012年2月に正式に発表し同年に発売となりました。MR-S以来絶えていたトヨタのスポーツカーが5年ぶりに「小型FRスポーツ」として復活したことでAE86ファンはもちろん、FR車好きなユーザーや自動車業界も大きな盛り上がりを見せました。ちなみに、86(ハチロク)は双子車であるスバル BRZと同様、富士重工の群馬製作所本工場にて製造されています。

トヨタは、86(ハチロク)を販売すると同時にスポーツカー文化を育てることも企てており、86(ハチロク)の発表と同時に「86スポーツカーカルチャー構想」として7つのプロジェクトを発表。単にハードとしてのスポーツカーを世に送り出すだけではなく、スポーツカーを一つの「文化」としてとらえ、文化育成活動を積極的にすすめているのもさすがトヨタといったところです。

AE86(ハチロク)から受け継がれる意思

トヨタ 86

頭文字Dでも取り上げられ、特に40-50代の青春を形作る一台ではないでしょうか。

このAE86、最大の特徴は軽重量FR(フロントエンジン・リアドライブ)!軽量でありながらも、FFに比べ加速しやすくハンドリングに優れたFRの魅力を教え続けてくれるのです。

更に、パーツが豊富なのも外せないポイントですよね!高価格であるスポーツカーの中でも、現在の物価でも200万円前後と割と手に入りやすかった86(ハチロク)。

カスタマイズを気軽にできて、オンリーワンの1台を作り出せるのは、この上ない楽しみです。

AE86の人気さは、販売終了後に中古車が足りなくなると、海外から逆輸入して日本用に作り変えて販売された、というエピソードが残っているほど。根強いファンに支えながら、多くの人の人生に寄り添ってきた車がAE86なのです。

そこで、86(ハチロク)は、まるで若者の車離れに警笛を鳴らすかのように、スポーツカーの魅力をもう一度広めるために現在に生まれ変わった車種なのです。

トヨタ 86(ハチロク)のグレード構成

無題

86には基本グレードの

・標準モデルの「G」(16インチアルミ)、

・上級グレード版「GT」(17インチアルミ)

・GTの装備+スポイラーなども標準装備されている「GTリミテッド」

の3グレードで構成されています。

エレガントなシルエットにカスタマイズされた86 “style Cb” や、2016年5月に発売予定のGT “エアロパッケージ” 、GT “エアロパッケージFT” には、リア大型スポイラー、18インチ鍛造アルミホイール、スポーツブレーキパッドなどが標準装備されています。

このほか、モデリスタやメーカー純正のカスタマイズコンプリートカーも多数用意されています。

若者の車離れ阻止!を目的に当初開発した86ですが、フタをあけてみると実際のユーザーに若者は少なく、中高年の男性が多かったとか…?

FR世代だけじゃなく、若者にもどんどん86のような車に乗ってもらいたいですね。

次ページ生きる伝説 86(ハチロク)の内装・走行スペック・中古価格をご紹介!

この記事をシェアする

最新記事