マツダ MPVの中古価格|マツダのミニバンの一角MPVが生産終了!

マツダ MPV

無題

マツダのMPVは今まで3代のフルモデルチェンジを繰り返してきました。

初代LV系の駆動方式は、FRエンジンのV6•3000ccというスペックで高級ミニバンの先駆けなかたちで発売を開始し、1999年の2代目となるLW系では大きなヒットとなりました。

2006年には23T•FFターボ車を発売し、LY系にフルモデルチェンジ特にターボスペックの23Tは走りを意識したユーザーからの支持されていましたが、2016年3月をもって生産を終了することとなりました。

MPVの燃費や維持費

無題

ミニバンを所有するユーザーの多くはやはりファミリカーでの使用が多いようです。

そしてやはりファミリーカーで気になるのが維持費や燃費です。特にターボや4WDという選択肢がある車種なので、それぞれ燃費や維持費にどれくらい差が出るのでしょうか。またカタログ値の燃費ではなく実燃費はどうなのでしょうか。

ターボや4WDのユーザー評価を見てみると、性能との天秤で燃費に関しては一定の理解をしているユーザーが多いようです。LY系のカタログ値はグレードにより10~11km/Lですが、ユーザーが評価している街乗りでの実値は7~8キkm/Lといった意見が多いようです。

MPVの中古価格

無題

惜しまれつつも販売終了となったマツダ MPVの購入は、もちろん中古車のみになります。では、中古車市場の価格相場はどれくらいなのでしょうか?

2016年3月に生産終了したばかりということもあり、より多く販売された先代モデルも中古車市場ではタマ数も多いです。

価格相場は、LY系で100万円台後半から250万円前後、年式が2007年前後のものであれば100万円前後、走行距離または年式などを割り切って探せば50万前後となっております。ちなみにモデルを問わない場合は、最安価格3万円、最高価格324万円です。

新車ではないので値引きは期待しにくいですが、下取りによる値引きは年式の新しいモデルでは要交渉です。

マツダの高級ミニバンとして存在したMPVは内外装共に良いつくりの車であるのは事実です。ミニバン、ファミリーユースといった中でも他メーカーに無い存在感のMPVで一味違うこだわり感を味わえるのではないでしょうか?

マツダからミニバン撤退の噂が。3つのマツダ製ミニバンが遂に生産終了!?
マツダ ビアンテの中古価格・燃費|デザインと機能性を両立させたビアンテとは
走りにこだわるミニバン、マツダ プレマシーが高い評価を受ける4つの理由

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事