クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

ブレーキパッドの交換時期を知っていますか?

パッド交換は3〜4万キロが目安だが……?

ブレンボ

自動車を安全に走らせるために最も重要といえるパーツがブレーキ。ホイールの内側に配置されるブレーキは、ディスクローターと呼ばれる円盤状のパーツをパッドを内蔵したキャリパーが挟み込むことで、自動車に制動力を発揮させています。

自動車の制動力を発生する仕組みは、ローターに押し付けられたパッドの表面が削られる際に埋めれる摩擦力によって生まれています。つまりパッドとディスクローターは、自動車の走行距離に比例して削り取られているのです。

そのためにパッドを交換する必要があるのですが、果たしてその交換時期はいつ頃なのでしょうか?

一般的にパッドは3〜4万キロ、ディスクローターはその倍ほどを走行したら交換が必要と言われています。しかし、エンジンブレーキよりもフットブレーキを多用するAT車は、もう少しそれぞれの寿命が短くなります。特に、ミニバンやHV車などは、車格に対して車両重量が重く、比較的ブレーキには負担が大きい車種といえます。

反対に車重の軽い軽自動車などは、一般的な乗用車よりもパッド、ディスクローターともに寿命は長くなる傾向にあります。

どうせ交換するなら、Bremboのブレーキパッド

ブレンボ

ローターに押し付けられているパッドが無くなってしまうと、ブレーキが効かなくなったり、異常な発熱をしたりと、大きなトラブルに繋がります。

そのため車検や定期点検では、必ずチェックする重要パーツのひとつとなっており、早めの交換を心掛けておきたいパーツです。

そして、それらブレーキパッドやローターを交換する際におすすめなのが、Brembo製の純正補修パーツ。

純正品よりも、わずかに高価なパーツですが、純正品の交換パーツとして設計されているので、装着は容易。それでいて、ブレーキ性能を高めることができるので、アクティブセーフィティという観点から考えれば、価格差はトレードオフできるでしょう。


なによりあのBremboの製品であるという信頼感は、他社品にはない魅力です。愛車のブレーキパッドやローター交換の際には、Brembo製品を選んでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事