国産車とは思えない雰囲気のマツダ アテンザワゴンの中古事情に迫る!

アテンザワゴンの魅力は上質感にあり

マツダ アテンザワゴン

現行のアテンザは、3代目にあたります。初代のデビューは2002年。当初からヨーロッパ的なデザインで人気のモデルでした。

アテンザワゴンは、ノーマルで乗っても上質感がありますが、カスタムすることでより車に愛着が湧いてくるでしょう。エアロパーツも良いですし、ホイールを変えるだけでも印象はがらりと変わります。

内装もカスタマイズしてみると良いかもしれません。ノーマルでも3ナンバーサイズのゆったり感、そして上質感のある内装は、カスタムすることでより愛着が湧き、運転の時間がとても楽しいものになるはずです。

アテンザワゴンのディーゼルエンジンがお勧め

アテンザワゴンといえばディーゼルという認識を持つ人も多いのではないでしょうか。実は、ディーゼルだけではなく、ガソリンモデルも用意されており、ガソリンモデルのカタログ燃費は17.4km/L。それに対してディーゼルモデルは、19.6km/L~22.2km/Lとなっています。

数字だけでもかなり低燃費であることが伝わってきますが、ディーゼルモデルの場合は、燃料が軽油になりますので、コストパフォーマンスから考えるとさらに経済性の高さが伺えます。

駆動方式は、FFと4WDをラインナップ。燃費が気になる4WDでは、トルクフルかつ燃料代の安いディーゼルがおすすめです。ディーゼルのパワフルかつ経済性のある走りは、燃費を以前より気にすることがないカーライフを送ることが出来るはずです。

アテンザワゴンの中古車はまだまだこれから

マツダ アテンザワゴン

アテンザワゴンの中古車市場もチェックしてみましょう。

近年マツダの車はリセールバリューが高まっていますので、中古車価格も一時期より高くなっています。アテンザワゴンも例外ではなく、相場も高め。ボリュームゾーンは、200-230万円あたりで推移しているのがほとんどです。

ディーゼルとガソリンエンジンには特性の違いがありますので、始めてディーゼルモデルの購入を考えている人は、ディーラーで試乗してみる事をお勧めします。

【完全版】マツダ アクセラスポーツってどんな車?燃費や中古相場などをチェック!
2017年にアテンザがフルモデルチェンジ!? 果たしてどんな車になる?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事