なぜ国内の新車販売台数は落ち込み続けるのか?

国内におけるここ1年の新型車販売状況は?

近年、国内の新車販売台数が伸び悩んでいます。2015年4月〜2016年3月の販売台数は、登録車・軽自動車含めて494万台、前年は530万台と、対前年比93.2%に留まっています。さらに一昨年は569万台と、右肩下がりの状況です。国内景気は良くも悪くも、といった様相ですが、新車販売台数が下がっているのは何故なんでしょうか?

理由の一つに「新型車の投入が少ない」ことが挙げられます。ここ1年に出た新型車を見てみましょう。

トヨタ プリウス
トヨタ シエンタ
トヨタ パッソ
レクサス RX

スズキ バレーノ
スズキ イグニス
スズキ アルトラパン
スズキ ソリオ

ダイハツ キャスト
ダイハツ ブーン

ホンダ シャトル
ホンダ クラリティ フューエルセル
マツダ ロードスター

おや!? 日産、スバル、三菱は1年間もの間、新型車がないのです。特に日産ほどの大きな会社が、どうしたことでしょう。

これを見ると、台数の多い車種はプリウス、シエンタ、パッソくらいで、イグニス、バレーノを出したスズキはバリエーションを増やし勢いを感じますが、逆輸入車ということもあり、「よかったらどうぞ」と言った位置づけです。

あとは趣向の強いクルマばかりで、とにかく数を売るヒット車種のタイミングに合わなかった不作の年、とも言えなくはないでしょう。

対照的に、輸入車勢のメルセデス・ベンツは多車種展開が功を奏し、長く首位を続けていたVWの失速 はあったにせよ、VWを超えてみせました。メルセデス・ベンツは高級車メーカーでありながら、エントリーモデルのAクラスに注力し、派生車種を増やしてきました。この傾向はドイツ勢全体に当てはまります。

次ページ今年は不作。タイミングも良くない?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事