スカイラインクーペが2017年に発売!? 新世代クーペに迫る!

"スカG伝説"を振り切った新世代スカイラインクーペ

日産スポーツクーペ「Q60」

日産 スカイラインといえば、1960年代の日本グランプリで、当時のプリンス スカイラインGT(S54)がポルシェ904より1周だけ前を走ってしまったことや、その後の第1世代(C10系)、第2世代(R32~R34系)スカイラインGT-Rのおかげで、良くも悪くも長きにわたって「スカG伝説」に縛られてきたモデルでした。

それがカルロス・ゴーン体制に入り、スカイラインが北米インフィニティブランドの高級スポーティセダン/クーペ位置づけられると同時に、GT-Rの分離もあり、「スカG」の呪縛からようやく解き放たれたのでした。

日本では、ガラリとイメージチェンジしたV35/CV35スカイラインセダン/クーペに対する「こんなものはスカイラインじゃない」という風当たりもありましたが、海を越えた北米ではインフィニティの高級セダン/クーペとしてBMW 3シリーズを凌駕する存在となりました。

スカイライン セダンは、日本ではV37スカイライン、北米その他海外市場ではインフィニティ Q50として2013年にリリースされており、クーペも2016年1月の米デトロイトショーで公開。この秋くらいに北米での販売開始が予想されており、日本でもCV37スカイラインクーペとして販売されそうです。

基本的にはセダン版V37(Q50)を踏襲

無題

さて、そのCV37スカイラインクーペ(インフィニティQ60)の内容ですが、シャシーはCV36のキャリーオーバーながら、新型の高張力鋼を使って軽量化、V37(Q50)のハイブリッドモデルに採用されたステア・バイ・ワイヤ方式のDAS(ダイレクトアダプティブステアリング)が搭載されます。

このDASは、バックアップ用に物理的ステアリングシャフトは内蔵されているものの普段はクラッチが切られており、ステアリングホイールを回すことで得られる電気信号に反応して操舵を行います。

これによって、レーンキープアシストなどでステアリングを取られるようなことも無くなる新機構ですが、V37スカイラインではいまのところハイブリッド車での採用のみです。

ここまでは、先にモデルチェンジしたセダンV37と同様の内容ですが、クーペのCV37(新型Q60)には、BMWの4シリーズに対抗すべく、エンジンラインナップが一新されます。

新開発3リッター V6ツインターボは非常にパワフル

VR30DETT

ボトムレンジを担う直4直噴ダウンサイジングターボは、2.5リッターという情報もあったものの、日産やルノーにも提携相手のメルセデスベンツにも4気筒2.5リッターターボは存在しないので、どうやらV37(Q50)から搭載されたメルセデス ベンツのM274型2リッター直4ターボエンジンをそのまま搭載されることになりそうです。

211ps/35.7kgf・mのスペックは、ハイパワースポーツクーペというより、燃費を請求したエントリーモデルという位置づけになるでしょう。

そして大本命が、この2016年3月より福島県いわき市の日産工場で生産を開始した新型3リッターV6ツインターボ、VR30となります。

メルセデス・ベンツとの共同開発と言われるこのエンジン、標準版とハイパワー版の2種類があり、304psの標準版はBMWの4シリーズ435i相当、405psを発揮するハイパワー版を搭載したモデルはBMW M4に相当するモデルとなるでしょう。

組み合わされるミッションは、現状、ジャトコの7ATのみのようです。

スカイラインクーペの価格は?

Q60

スカイラインクーペの価格も気になるところ。アメリカでは、以下のような価格で販売されています。

Q60 2.0t AWD…$40,950
Q60 2.0t PREMIUM…$41,300
Q60 2.0t PREMIUM AWD… $43,300
Q60 3.0t PREMIUM…$44,300
Q60 3.0t PREMIUM… AWD $46,300
Q60 Red Sport 400… $51,300
Q60 Red Sport 400 AWD… $53,300

単純に1$およそ100円として日本円に換算すると4,000,000円~5,500,000円となりますが、為替の動向等もありますので、正式なアナウンスを待ったほうが賢明でしょう。

スカイラインクーペの燃費性能は?

無題

スカイラインクーペの燃費に関しては以下の通りとなっています。

直4・2.0L直噴ターボエンジン 10.2km/L
V6ツインターボエンジン ハイパワーモデル 12.0km/L
V6ツインターボエンジン ローパワーモデル 13.0km/L

All-New 2017 Infiniti Q60 sports coupe

ライバルはBMW4シリーズおよびM4

エクステリアもV37(Q50)を踏襲しつつ、V6モデルのフロントグリルには車速に応じて開閉するフラップをつけてエンジン内流速をコントロールするアクティブグリルを装着。

インテリアも質感とホールド性を高めた高級感のあるスポーツシートや、左右にラウンドしつつ足元空間をえぐるようにして快適性を高めたダッシュボード周りなど高級感あふれるものとなっています。

日本でスカイラインセダン/クーペを見ていてもピンと来ませんが、北米市場でのライバルはBMW 3シリーズ、4シリーズなので、そう考えるとインフィニティQ60がどこを目指したモデルかが見えてきます。他のライバルとしては、レクサス RCが相当するでしょうか。

新型エンジンのVR30自体、今後は次期フェアレディZなどにも採用拡大していくでしょうから、その試乗インプレによるフィーリングチェックが待ち遠しいですね。

わずか197台生産の幻のGT-R「ケンメリ」はどんな車?
中古で買うならどのスカイライン?V36型がお買い得である理由!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事