クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

5万円以下で夢のBremboを手に入れることはできるのか?

そもそもBremboとは?

ブレンボ

普通に車に乗っている人はあまり耳慣れないメーカーかもしれませんが、少し車に興味のある人であれば、「Brembo」という名前を耳にしただけで「おっ」となるのではないでしょうか?

Bremboは、レースカーや高級車等、ハイエンドの車のブレーキシステムのトップブランド。まさに「世界に認められたブランド」なのです。F1の世界でもBremboのブレーキは大活躍。技術力に関しては他の追随を許さず、高い品質を誇ります。

Bremboのブレーキを採用している日本の自動車メーカーもありますが、装備されている車種は当然それなりのランクの車ばかり。決して「ありふれているもの」ではありません。価値を理解している人に「Bremboブレーキだ」と告げれば驚かれることは間違いありませんが、その分相応の値段となっており、数十万円は下らない程です。
なかなか手軽に導入出来るものではないでしょう。

Bremboの補修パーツとは

ブレンボ

Bremboのブレーキの値段を考えると、さすがに「軽く試してみようかな」とはいきません。それでも評判のBremboを自分の車に…という思いは簡単には消えないもの。むしろ叶わないと思えば思う程に募るのではないでしょうか。

確かにブレーキそのものをBremboのものにするとなると大変です。ですが、メーカーの純正ブレーキにBremboのブレーキローターやブレーキパットなどの補修パーツを活用する方法はどうでしょうか?

実はBremboでは、各車種のメーカー純正ブレーキに取り付けられる補修パーツを各種用意しています。メーカー純正品と同じサイズになりますので、磨耗・破損した際、ボトルオンでの交換が可能です。

ですが、同じなのはサイズだけ。性能に関しては、当然「Bremboクオリティ」になりますのでメーカーの物とは正直、「レベル」が違います。

「走行性」は様々なパーツから生み出されるものですが、Bremboのブレーキパットやブレーキローターは、レースレベルで活躍している品質。一度取り付けてみると、走りのレベルが自動車メーカー純正品のそれと違うことに驚くことでしょう。

お手頃価格のBremboパーツは!?

ブレンボ

Bremboの中でも比較的安価なパーツと言えば、ディスクパッドです。先に述べたような高いクオリティを持ちつつ、値段は9,000円から12,000円と比較的安価な価格設定。
最も、ブレーキパッド自体安いものだと1,000円程度で購入出来るものなので、「ブレーキパッドにしては高い?」と感じるかもしれませんが、そもそも質が異なりますので比べることがナンセンスです。

その他、スリットローターやボルト&ボビンキット等も用意されていますので、これらの補修パーツを上手く使いこなす事で、低予算でも「Bremboクオリティ」楽しめるようになるのです。カーショップ等でも取り付けを行ってもらえますので、購入は自分で、取付けは業者に…といった方法も可能です。

ホンダ フィットに取り付けたい!

ホンダ フィット 2016

お馴染みホンダの国産車で、文字通り日本の道路事情に「フィット」しているホンダ フィット。販売台数登録ランキングでも常に上位に顔を出している売れ筋モデルですが、フィットの純正ブレーキにBremboの補修パーツを取り付ける事は可能なのでしょうか?

コンパクトカーをカスタム?しかもBrembo??一見ミスマッチのように思えるかもしれませんが、これが意外と合うんです!

現行のフィットでしたら、Bremboのブレーキディスクは「GP4」、ブレーキパッドは「GP4」と「GP5」が使用可能です。価格は下記の通り。

■Brembo ブレーキディスク (ホンダ フィット用)

GP4(2012年5月以降のモデルに対応) 価格
フロント ¥17,000
リア ¥12,000

■Brembo ブレーキパッド (ホンダ フィット用)
GP4(2010年10月〜’13年9月のモデルに対応) 価格(RED) 価格(BLACK)
フロント ¥9,000 ¥12,000
リア ¥9,000 ¥12,000
GP5(2013年9月以降のモデルに対応) 価格(RED) 価格(BLACK)
フロント ¥9,000 ¥12,000


価格は9,000円〜17,000円と、どれも2万円以下のお手頃価格!全て揃えても、ブレーキ一式まるまる変えるよりもかなりコストを抑えられます。

実際の走りはどう変わるのでしょうか。乗ってみると分かるのですが、ブレーキ加減がメーカー純正の物とは明らかに違います。いつもの感覚で力を入れてブレーキペダルを踏むと、あまりにも効きが良すぎて急ブレーキを踏んだかのように車が止まります。これだけブレーキの圧が素晴らしいと、思う存分スピードを出せるのではないでしょうか?

「いつでも止まれる」という安心感があるからこそ、思い切り速度を出すことも出来るでしょう。ブレーキの利きが良ければ良いほど、より限界まで速度を引き出せます。ブレーキパッドだけでも良いのですが、ブレーキディスクもBremboにする事で更に素晴らしい「効き」が手に入るのです。

ブレーキパッド、ブレーキディスク共に1万円前後。この出費でコンパクトカーのフィットが、それまでとは比べものにならないほどスポーティーな走りに変貌します!これは試す価値ありではないでしょうか。もちろんフィットに限らず各メーカーの様々な車種に合わせたパーツが用意されています。

まさに「Bremboクオリティ」の成せる業です。

この記事をシェアする

関連する記事