高級車に乗る男は意外にモテない!? その女性の心情はいかに!

”ステータスシンボル”としてのクルマ

BMW1シリーズ

所有するクルマがステータスシンボルであることは否定できません。これはクルマに限らず、大きいものであれば家、身に付けるものであれば洋服やアクセサリー、カバン、時計なども当てはまります。

中でもクルマは町中で目立つものであり、特にステータスシンボルとしての価値は大きいものではないでしょうか。言ってみれば、一番ハッタリが効きます。

そういった点では、やはり女性はスポーツカーや高級車を乗り回す男性に、正直金銭的なものも含めて魅力を感じるのでしょう。

そもそも高級車って?その価値とは?

ところで、高級車と一口に言ってもその定義は難しいところ。人それぞれ収入や価値観が違うため、金銭感覚は異なります。

そのため、いくら以上が高級車と正確に定めることはできませんが、世間一般的に容易に手に入れられないことを考えると、ステータスシンボルとして押しが効くのは、1,000万円以上のクルマということになるのでしょうか。

また、単純にクルマとして基本的な部分「走り」の価値については、500万円のクルマと2,000万円のクルマで、4倍価値が違うかというとそうでもなさそうです。単純な話、4倍スピードが出るわけではありません。

では明らかな違いはという、内外装などの仕上げを含めた素材だったり、デザイン性の違いということになるのでしょう。もちろん走り味といった微妙なところの練り上げ方も、大きく関わっているかと思います。

女性は男性の価値を一発で見抜く?そして逆も然り?

クルマを含む持ち物で見栄を張るかのように自分の価値を取り繕う人間は、いずれその上っ面のメッキが剥がれるはずです。

そのような価値を見出す男性も、それに惹かれる女性も、それまでのこと。本当に価値を見抜く男性はきちんとその人の価値に見合ったモノを選択し、所有する(購入できる)でしょうし、まさにその価値を見抜く同類の人が周りに集まるのではないでしょうか。またそれは男性だけでなく女性にも言えることでしょう。

若い頃はそれでも、女性にモテたい一心でクルマを選ぶことは仕方ないかもしれません。ある意味背伸びをして「見栄を張る」ことで見えてくるものもあるような気もします。しかし、いつまでも背伸びするのは本人自身が疲れてしまいますし、鋭い女性はきっと簡単に見抜くはずです。

単なる「地位」という意味での「ステータス」ではなく、所有しているものがいい意味で本人そのものの本質的な価値を「代弁」しているかのようなものをぜひ選びたいですね。そうすることで、男女に限らず、自分に見合った人もまた集まってくるのではないでしょうか。ある意味、知らず知らずとモテてくるのでしょう。

たかがクルマ、されどクルマ

「乗るなら飲むな、飲んだら乗るな」というクルマに関する有名な標語がありますが、言ってみれば「クルマに乗っても、乗られるな」というところではないでしょうか。

まさに「たかがクルマ、されどクルマ」です。クルマにはその人の生き様が、そこはかとなく垣間見えてくるような気がしますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事