2016年12月、2.0L 308馬力のBRZ STIが発売!? その男前すぎるスペックは?

ベースとなる「STIパフォーマンスコンセプト」は公開済

BRZ SuperGT選手権

今回話題となっているBRZ STIのベースとなるのは2015年のニューヨークショーで公開され、東京オートサロン2016会場にて日本でも公開された「STIパフォーマンスコンセプト」。

STIによる、サスペンションやエアロを始めとするエクステリア/インテリアのカスタマイズもさる事ながら、注目を集めたのはついに搭載されたEJ20ターボ。コンセプトカーに搭載されていたのは、スーパーGT選手権のGT300クラスに参戦しているBRZのエンジンをベースとして350馬力を発揮する2リッター水平対向のEJ20ターボです。

しかし、市販型では同じEJ20ターボでも308馬力を発揮する、WRX STIと同じ308馬力仕様になる模様。発売開始から4年、ようやくボクサーターボの咆哮が聞こえてきそうです。

エンジンもさる事ながら、コンセプトカーに採用されていたカーボンのディフューザーなど、空力パーツ類はどうなるかも気になるところ。全てを採用するとかなり高額になるため、一部はオプションになることが予測されますが、いずれにせよ今から12月と予想されるデビューが楽しみですね。

なぜBRZには今までターボが無かったのか

BRZには今までターボなどの過給器は装着されていませんでした。

トヨタとの共同作業でインプレッサのパーツを流用し、トヨタの直噴エンジンD-4Sのテクノロジーを用いて、NAながらも200馬力を発揮するFA20型2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載する「小型で安価なFRスポーツクーペ」。それを作る時にまず考慮されたのは「AWD」「ハイパワーターボ」「ハイグリップタイヤ」の3点セットを排除する事でした。

トヨタが1990年代後半からずっと出す、と噂され続けてきた入門用の安価な小型FRスポーツは結局適当なプラットフォームが無かった事もあって実現できずにいましたが、トヨタとスバルとの提携によってようやくインプレッサというベース車が登場したわけです。

そもそもスバルのAWDの成り立ちは、FF車だったスバルff-1 1300Gに当時の日産 ブルーバード用リアパワートレーンを組み合わせて成立したものです。

いわば、FFとFR車の合いの子として生まれたわけですが、そこから逆にFF車としてのドライブシャフトを外してしまえばFRになれる可能性は最初からありました。

1990年代後半には、インプレッサWRX STiを簡単なカスタマイズでFRにコンバージョンできる可能性がある事に気づいた人々によってFR化が始まり、インプレッサのFR化を請け負うショップも登場します。

つまり、2000年頃までには既にインプレッサをベースにFRスポーツを作る素地はできていたわけです。ただ、トヨタが求めていたのはあくまで低価格のFRスポーツでありました。

それもターゲットとしては、若者というよりかつてFRスポーツで慣らした層へアピールする、品質がそれなりに高い大人のスポーツクーペであり、それを安価に提供するとあってはターボや4WD化を考慮するのは車体価格の高騰を招きます。

そこで、あえて「レイアウトの都合上、ターボは装着できない」という憶測まで流しながら、BRZと86は世に出たのです。

実は当初から目撃されていたターボ仕様

デビュー当初、可能な限り後退させてフロントミドシップ化を実現させたレイアウトの都合上、タービンを設置する場所が無い、と言われていたBRZ/86でしたが、その発売直後からターボを装着したBRZ、あるいは86の目撃情報はありました。

さらに、2014年8月のWRCラリーフィンランドで86の4WDターボ仕様、GR 86X(クロス)も公開され、同年11月の全日本ラリー第7戦新城ラリーにはトミ•マキネンによるデモランも行われました。

その後も、フィンランドでマキネンによる精力的なテストが行われている様子が動画で紹介されていたので、なんだターボも4WDもできるんじゃないか!と思った人は少なくないでしょう。

実際のところ、ターボ化も4WD化も不可能というほど難しい話では無かったので、本気で4WDもターボも無理だと考えている人はそういなかったと思いますが。

なぜ今、BRZターボなのか

それでも、BRZ/86のそもそものコンセプトを考えた場合、2リッターNAであえて通して安価に提供し続けるというのはそれなりに筋の通った話ではありました。

この手のモデルにハイパフォーマンスモデルを設定したが最後、それまでのモデルは低価格の廉価版のように見られてイメージが落ちしてしまう点を考え、安易にBRZ/86をターボ化しなかった、というのは納得できる話です。

しかし、デビューから4年経過し、そろそろ後継車を視野に入れて生産終了前のアニバーサリー的な末期モデルとするか、あるいは腹をくくってモデルライフを伸ばすためのテコ入れとするのか。

トヨタの方でより小型のFRスポーツ、S-FRの開発にメドがついたので、現在のBRZ/86のポジションはS-FRに任せ、BRZ/86はハイパフォーマンスモデル化して次期モデル、あるいはスープラ後継に繋げる狙いがあるのかもしれません。

いずれにせよ機は熟したという事で、ようやくBRZターボが世に出る事になりそうです。

スバル BRZ STIが出るとなれば86もGRMNターボなどが出る事が期待されますが、年末が近づくにつれてそのあたりがだんだん明らかになっていく事でしょう。

【対立比較】トヨタ86(ハチロク)とスバルBRZはどう違う?燃費・中古価格まで徹底比較!
世代を超えて愛されるトヨタ 86(ハチロク) その軌跡と本質に迫る
パワーだけがスポーツじゃない…アンダーパワーだけど楽しい国産スポーツカー7選
爽快感と臨場感を味わえるオープンカー|人気12車と中古価格は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事