再販したら売れること間違いなし!? バブル期前後のスポーツカー7選

バブルの頃はカローラですら豪華だった…

バブル崩壊後の「失われた10年」の時代がやたらと長かったもので、バブル景気そのものも結構長いイメージがあります。

しかし、実際には1986年から1991年までの5年間、雰囲気的には「おい、もしかして景気がいいんじゃないか?」と思い始めた1988年から、「もしかして、いよいよもうダメなんじゃないか?」と誰もが実感せざるをえなくなった1992年までの4年間と言われています。

バブル真っ只中の1989年頃にできた施設が、1992年頃に廃墟になっている写真が週刊誌を賑わせて、いろいろなものがガラガラ崩れていった記憶は、なかなか生々しいものがあります。そのような中で景気が上向いた1980年代後半から、バブルマネーを注ぎ込んで作り込み、贅沢に開発された1990年代前半までにデビューしたクルマたち。

トヨタ カローラですら豪華に作って「SE-L」というグレードをつけたらメルセデス•ベンツから「ウチの560SELじゃあるまいし」とクレームがついたほどです。

その中でも、コンセプトそのものが断絶して現代では後継車と呼べるものが無いクルマや、現在でも代を代えて続いているものの、あの頃の初心にかえってほしいクルマを紹介したいと思います。

順番としては、排気量で小さい順から参りましょうか。

①ダイハツ L70V ミラ TR-XX

1985年に50馬力の大台に乗せてデビューし、第2次軽自動車パワーウォーズの火蓋を切ったのが、このL70V型ミラターボ。

デビュー直後に追加設定され、当時としては派手なエアロで武装したミラTR-XXはまさに近代軽自動車の元祖ホットハッチとも言うべき存在。1987年にスズキから初代アルトワークスがデビューしてからも電子制御インジェクションの採用やブーストアップで最高出力をアルトワークス同様の64馬力に引き上げて対抗したのです。

そのライバル、アルトワークスが復活した現在、ミラには燃費スペシャルのミライースと、モデルライフ末期のミラしか存在せず、ターボ+MTというアルトワークス対抗モデルが存在しません。

あるいはキャストスポーツがそのポジションにあるのかもしれませんが、往年のダイハツファンとしてはアルトワークスが復活したならば、次期ミラには是非ともTR-XXを!と願わずにはいれません。

次ページモータースポーツで活躍した無敵のホットハッチ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事