約140kgの軽量化を実現!フルカーボン化したGT-Rの実力はいかに!

GT-Rってどんな車?

GT-R 2015年モデル

GT-Rは日本が世界に誇るスポーツカーです。

GT-Rは、サーキットやアウトバーンで性能を発揮するだけでなく、市街地での走行を視野に入れて開発されたモデルであることが特徴。操縦性や積載性、後部座席の居住性、環境性能に配慮されており、誰でも、場所を選ばず、GT-Rの魅力を味わうことができます。

もともとは、日産のスポーツカーであるスカイラインシリーズの1車種でしたが、現在はスカイラインから独立したモデルとなっています。モデルチェンジを重ねていっても丸型4灯のテールランプはGT-Rの伝統として現行のR35モデルでも受け継がれています。

フルカーボンボディのGT-R

■GT-R  R35
全長:4,670mm
全幅:1,895mm
全高:1,370mm
ホイールベース:2,780mm
最低地上高:110mm
車両重量:1,740kg
最小回転半径:5.7m
JC08モード燃費率:8.7km/L
総排気量:3,799cc
最高出力:404kW(550PS)/6,400/rpm
最大トルク:632N•m(64.5kgf•m)/3,200-5,800/rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
タンク容量:74L

この動画は、日本のチューニングブランド「オーバーテイク」が取り扱っているフルカーボンボディで、約140kgの軽量化に成功したGT-Rのプロモーション動画です。

GT-Rは、ノーマルの状態でも加速性能は有り余るほどですが、そのさらに上を目指す方たちがいるのですから驚きです。140kgと言えば、大人約2人分に相当するのでかなりの軽量化であることか伺えます。車体重量1740kgというスポーツカーとしてはやや重量級に分類されますが、さらにスピードを求める人にはおすすめのキットと言えます。カーボン柄のボディがプレミアム感に一層磨きをかけました。

またカーボンボディキットは、ボンネットやトランクフード、フェンダーとパーツごとに購入が可能なので、決して安くはありませんが予算に合わせてのカスタムもできます。

本格スポーツカーでありながら誰もが楽しく運転できるクルマ

GT-R 2015年モデル

いかがでしたか?GT-Rはスポーツカーとしてはトップレベルの性能でありながら、同時に誰にでも楽しく運転のできるモデルであることがお分かりいただけましたか?
スポーツカーと聞くと、なんだか次元の違う車というかけ離れたイメージがあるかもしれませんが、場所を選ばず誰にでも楽しく運転できる車というコンセプトを理解すればやや親しみの持てるクルマとも言えるのではないでしょうか。

フルカーボンボディはやや敷居が高く感じられますが、加速アップはもちろん、少なからず燃費にも貢献しそうです。また、スペックの向上だけでなく、カーボン調のボディはドレスアップとしてもインパクトは抜群です。

夢の車とも言えるGT-Rですが「世界の速い車ランキング」などには日本車として唯一ランクインする車として世界中のスポーツカーファンを魅了しています。そんなモデルが日本の自動車メーカーから販売されているということはとても誇らしいことですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事