煽られて急ブレーキ。後続車に追突されたら、どちらが悪いのか?

追突事故の過失割合、基本は「10:0」だが?

交通事故

交通事故にあって、保険会社にお世話になったドライバーなら、事故の過失割合について耳にしたことがあると思います。

どちらかが一方的に過失となるときもあれば、双方に責任が発生して、その責任を割合で評価するときもあります。

信号待ちや一時停止線で停車しているクルマに追突した場合、被害者側は規則通りに停車しているだけですから、責任は生じません。加害者側の過失割合がほぼ100%になります。渋滞の最後尾で停止しているときも同様ですね。

ただし同じ停車中でも、危険な場所や駐停車禁止区域に路上駐車していた場合、あるいは故障で停車中に発煙筒や三角表示板など、後続車に知らせるための措置を十分に取らなかった場合などは、被害者側にも責任が生じることがあります。

以上は、停車中に追突されたケースですが、それでは走行中の追突事故はどうなるのでしょう?

次ページ走行中の急ブレーキの過失は、理由によりけり!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事