事故の原因にもなるリアフォグ問題…後続車になった際の対処法とは?

本来は悪天候の強い味方なはず…

夜間 ライト

夜間だけでなく、濃霧や悪天候等で、前走車がよく見えない状況は非常に危険です。前走車が見えない場合は、自車も後続車からよく見えていないということであり、そのような状況では最低限、スモールランプを点灯して後続車や周囲に自車の位置を知らせる必要があります。

海外の小説を読んでいると、濃霧の際に、ドライバーが灯火をすべて点灯した上でハザードランプを点滅、さらには徐行して自ら周囲の安全確保を計るシーンが登場します。また、ヨーロッパではリアフォグが標準装備されているため、視界が悪い時に限り、積極的に点灯します。

夜間走行 ライト

対して日本では、夜間や悪天候時におけるドライバーの安全管理意識が低いことや、1980年代の途中まで認可すらされていなかったので、現在でもリアフォグに馴染みがありません。

オプションとして初めて設定されたのが、1989年の日産 180SXといわれており、その前後には社外品として販売されたり、一部車種に標準装備されていたことがあったものの、いまだに存在を知らないドライバーもいるでしょう。

そのためか、夜間、無意味にすべての灯火を点けたがるドライバーによって、リアフォグも点灯されてしまうのです。

リアフォグは、ドライバーからは光っているかどうかが見えません。おまけに、後続車から認識しやすい光軸となっていることが多いため、ドライバーは気づかないまま迷惑行為を行っているようです。

次ページ昔から標準装備すら批判の的だった?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事