ROMチューン、フルコン、サブコン…ECUを変更していくと何が変わるのか?

赤ん坊から育てるようなフルコン制御

ここまでは純正ECUを生かした形のチューニングでしたが、コンピューターそのものを完全に新規で立ち上げるようなものなのが、フルコン制御です。

実際には新しいコンピューターを組んでイチからOSを作るようなものでは無いのですが、制御そのものをまっさらのイチから始めて、実際にエンジンを動かし、走りながらデータを取って調整してを繰り返すので、コンピューターだけでなくハード面の調整まで入ってきます。

どんなクルマでもこれならコンピューターチューニングできる!という反面、無茶苦茶な手間と時間がかかるために、自分でできるならともかく依頼すると非常に高額です。

普通はレーシングカーやラリーカー、完全自作のクルマなど元から手間暇かかるクルマでしかやらないのですが、たまに「このATしか設定の無い軽自動車を何としてもMT化したい」というだけの理由で、その軽自動車があと2台ほど買えそうな資金をつぎ込んでフルコン制御化する人もいます。

カネにモノを言わせられる立場なら、一番手軽で近道なのは間違いありませんが。

ECUを使ってこんな遊びもできる

ちなみに、コンピューターでエンジンを操作できるという事で、こんな遊びをしちゃう人もいます。

ルノーのF1エンジンでかき鳴らす、文字通りのF1サウンドというかF1ミュージックと言いますか…何とも贅沢ですね。

それでは昔のベネトンルノーF1チームがお届けする、Queen「We Are the Champions」をお聞きください。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives